マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

2018.3.25 オープン戦 DB × L(横浜)

※スコア画像は横浜DeNAベイスターズ公式HPから流用


2018.3.25 オープン戦 横浜DeNA × 埼玉西武(横浜)13:00
スコア:DB 4-6 L


勝利投手:武隈 
敗戦投手:熊原
セーブ: 増田


【バッテリー】
L:ウルフ、武隈、ワグナー、野田、平井、増田ー炭谷
DB:飯塚、国吉、熊原、三嶋、三上、東、砂田ー戸柱、嶺井


【本塁打】
DB:筒香(1回:ウルフ) 宮﨑(1回:ウルフ)


(スターティングメンバー)


 【 Lions 】        【BayStars】
(中)秋山      (中)桑原
(遊)源田      (遊)大和
(二)浅村      (左)筒香
(一)山川      (一)ロペス
(三)中村      (三)宮﨑
(右)外崎      (捕)戸柱
(指)メヒア     (右)神里
(捕)炭谷      (投)飯塚
(左)金子(侑)   (二)倉本
(投)ウルフ


AbemaTVでの観戦です。13時30分頃、ちょうど3回表ライオンズの攻撃、先発の
飯塚が金子侑司を打席に迎えるところから見始めて、野暮用につき、チェックしたのは
6回表終了まで。とにかく投手陣の状態が気になるので、筆者が見た範囲内において、
本日登板した投手の概況を中心に記していきたいと思います。


先発 飯塚 悟史 投手

マウンドに上がっていたのは、4回途中二死まで。
筆者は3回表からしか見ていませんが、その3回の先頭打者、金子侑司にいきなり
2球続けてナックルカーブを投げたのには驚きました。去年はシーズン終盤に、
いいカーブを投げていた記憶があるものの、どちらかというと苦手な球種だったように
思うので意外でした。今期はこのナックルカーブを有効に使えるようになると、
面白いかなと思います。


ストレートはMAX146km。去年はストレートの球速に物足りなさがあったので、
その点でも成長の跡が窺えるようです。見た感じ球威も申し分なく、これくらいの
ボールが投じられれば充分でしょう。


変化球は、カット、スライダー、フォークと球筋は悪くないと思いましたが、
若干制球がアバウトで甘めのコースに行きがちなのが気になりました。
4回表、外崎の打席でカウント2-1から投じたインコースやや高めの145kmストレート、
右飛に打ち取ったボールは素晴らしかったと思います。



2番手 国吉 佑樹 投手

1/3イニングのみの投球。
メヒアに対して、初球ツーシーム?、2球目にカットボールを投げて0-2と
追い込んでから最後はストレートで3球三振。
2球目のカットボールは縦に沈んでいく感じでした。



3番手 熊原 健人 投手

5回表の先頭、炭谷を追い込みながら四球を出した時点からおかしかったですね。
以下、金子(侑)、秋山、源田と4者連続四球で押し出し。
続く浅村には、止めたバットの打球が右前へ転がって適時打。高めのボール球。
4番の山川には、ツーボールナッシングから、ほぼど真ん中のストレートを投じて
左中間突破の2点適時二塁打。
先頭の炭谷から、山川までストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップ
どの球種も満足に制球出来ず、金子の時だったかなー、サイン違いもあり。
元来から制球難の熊原ですが、それにも増して酷い内容でした。


山川の2点適時打の後、5番の中村を迎えた時点で、ようやく落ち着きを取り戻した
ようで、チェンジアップもいい感じで落ちましたし、最後は1-2からインローへ
ストレートを投じて見逃し三振。最後のストレートは悪くなかったですが、ここで
お役御免。6番外崎の場面で三嶋にスイッチ。



4番手 三嶋 一輝 投手

外崎に2-2から打たれた右前適時打は、外角低めのストレート、コースは決して
悪くなかったと思うが、140kmそこそこの球速、三嶋にしては遅かったですね。
この4回のマウンドにいる間、三嶋のストレートは142km前後と本来の球速が
出ていませんでした。
続くメヒアに打たれた左前適時打は初球、スライダーが甘く入ったので、
打たれても已む無しです。
8番炭谷の二直は、おそらくカーブと思われますが、少しコースは甘かったとはいえ、
ボール自体は悪くないように見えました。
9番金子(侑)四球。
1番秋山には、1-1からのスライダー、二直ですが倉本がジャンプして捕球した
安打性の当たり、ボールは甘かったです。以上が5回表の投球。


引き続いて、6回表のマウンドですが、
先頭の源田に対し、3-2から投げた落ちるボール(縦スラかフォークか識別不可)
中飛に仕留めましたが、いい形で落ちて行きましたね。
3番浅村の2球目に投げたストレートが149km、ようやく本来の球速が戻ってきた
感じでした。結局追い込みながら最後もストレート勝負で左中2塁打を打たれますが。


4番山川は、1-2からスライダーを引っかけて三ゴロ。
5番中村、四球。
6番外崎は、1-2からインコースへ抜けたスライダーを空振り三振。


今回見た限りでは以上となります。


あとは筒香の本塁打について触れておきましょう。
筆者はハイライトで見ただけですが、初回ですね。
ライオンズ先発、ウルフのツーシームかカットボールだと思います。
インコースやや高めの球を上手く打った印象です。
去年の筒香は、一時期、インコースのボールにまるで手が出なかった時期がありますが、
そういう状態ではない事だけは確かだろうと思います。
去年は開幕から調子が上がらない状態が続きましたけど、今年はいい形でスタートを
切って欲しいと願うばかりです。


他にはそうですね、筒香の第2打席、ライオンズのマウンドは左腕の武隈でしたけど、
初球から3球目までストレートで追い込んで、4球目の108kmカーブはボールになるも
落差は良好、最後は2-2から、外角低めのチェンジアップで空振り三振でした。
おそらく相手左腕投手の筒香に対する配球の基本は、こういう形になるのでしょうね。


(了)