無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

朝日新聞スポーツ部による「2018プロ野球戦力診断」横浜DeNAベイスターズ編

表題の通り、2018年3月28日付の朝日新聞(スポーツ面)に、プロ野球戦力診断・
セリーグ編の掲載がありましたので、横浜DeNAベイスターズに該当する記事を
以下に抜粋致します。



先発4左腕 継投も万全


オープン戦を4位で終えたラミレス監督は胸を張った。

「必要なものは全てそろった。100%、優勝する自信を持っている」


今季もチームの看板は筒香、ロペス、宮﨑が並ぶ中軸打線。

ラミレス監督は「3人で計300打点、85本塁打」と期待する。

破壊力に加え、監督が手応えを感じているのが機動力だ。


FAで阪神から加入した大和、新人の神里(日本生命)がオープン戦で

それぞれ4盗塁。昨季リーグ最少の39盗塁からの倍増を目指すチームに、2人が新風を吹き込みそう。

2番・遊撃で開幕戦の先発出場が確実の大和は、熟練の守備もチームに

大きなプラス材料になる。


投手陣はドラフト1位新人の東(立命大)が順調。

石田、今永、濵口に続く4人目の先発左腕としてローテーションに入りそうだ。

4年目右腕の飯塚も開花の気配。オープン戦3試合で防御率0点台と好投し、ベンチの信頼を勝ち取った。


救援陣は、今期も8回のパットンから9回は山﨑(康)につなぐ。

さらに昨季まで先発だった井納を救援に配置転換。盤石の継投で取り

こぼしを防ぐ。

ただ開幕直前になって今永や梶谷らが故障を訴えた。

控えが手薄なだけに、主力選手の長期離脱が最も怖い。(波戸健一)

(2018.3.28 朝日新聞13版 23面スポーツより抜粋)


この記事で気になる点は、控えが手薄というのは、どの分野を指して言っているのかが
不明瞭な事と、小見出しにあるように「継投も万全」とさも中継ぎ陣が充実しているような書きぶりですね。


筆者が思うに、開幕当初は中継ぎとしてブルペンに加わるであろう、三嶋、国吉、
井納がどれだけ投げられるか未知数であることや、エスコバー2軍スタートで、
左の中継ぎがやや手薄になる点が今時分での問題かと。
パットン、山﨑(康)は最低限、去年並みのパフォーマンスを発揮することが
絶対条件ですが、その辺もシーズン始まってみないと何とも言えませんから。
先発陣では言うまでもなく、濵口と今永が開幕ローテーションに名を連ねていない点が
非常に痛手であります。開幕投手を務める石田も故障がちの投手ですから、1年間
安定して先発ローテーションの柱として活躍するとは考えにくい。
出遅れていたウィーランドも思いの外、実戦復帰が早そうですけど、去年のシーズン終盤からポストシーズンにかけて、投球内容が良くなかった点が気がかり。二桁勝利を納めた
冴えのある投球を期待できない可能性も考えなければならないと思います。
ルーキー東、4年目の飯塚、2年目の京山に先発として多くを望むのは酷というもの。
まあ、とにもかくにも、投手陣の状況に大いなる不安を抱いております。杞憂に終わって
欲しいですけど、希望的観測で記事を書けるほどの状態でないことは確かだろうと
思います。まずは今永、濵口の両左腕の早期復帰が待たれるところですが、その時期
如何と、盤石なリリーフ陣を形成できるか否かが、今シーズンの順位を大きく左右する
ポイントだろうと考えております。


(了)