マルハ大洋スポーツ

                       
                       

朝日新聞・プロ野球開幕特集別刷 担当記者による 2018 セ・リーグ順位予想


今朝(2018.3.30付)の朝日新聞に、プロ野球開幕特集の別刷りが挟まっていました。
内容はつまらなそうだったので、ほとんど読んでいませんが、朝日新聞運動部の
プロ野球番記者による順位予想がありましたので、セリーグ編だけ画像で紹介
致します。


我がベイスターズの下馬評が高いですね。6名の担当記者全員がAクラス推し、うち、
3名が優勝候補に挙げています。是非、この予想通りに展開してほしい気持ちは山々
ですが、常に最悪のパターンを想定してしまう悲観論者の筆者としては、事はそう
上手くいかないんじゃないかと思っております。


その主たる理由としては、やはり、以前の記事で述べた事と繰り返しになって
恐縮だが、投手陣に一抹を不安を抱えている事です。
ゲーム中盤の6回以降に、相手に無駄な点をやらないことが、試合の勝敗、ひいては、
ペナントレースの順位を大きく左右する重要ポイントだと思っているので、いかに
安定した中継ぎ陣を揃えるかが問われるわけです。
その点で、現状の開幕1軍ベンチメンバーを見てみると、三嶋、国吉、井納、三上、
田中(健)、砂田と中継ぎ候補は6名の選手。
三嶋と国吉は中継ぎとしてフル回転出来るかは未知数、井納は球種を考えるとリリーフ
向きであることは否定しないが、これもシーズン始まってみないと分かりません。
中継ぎとして実績のある、三上、田中(健)、砂田は、良くて去年並みの成績、
去年かなりの試合数で登板している為に、疲労の影響も考慮すれば、パフォーマンスの
低下や故障も念頭に置かねばならないでしょう。三上、田中(健)は年々防御率が
悪化しているのが気になります。こう見てくると、今の段階では計算が立ちにくい
リリーフ陣と言えなくもないのではないかと思います。


また先発陣も、今永と濵口、ウィーランドを欠いて、開幕から新人の東、2年目の
京山、去年は1勝に留まった飯塚にローテーションを頼らざる負えない実情は、いかにも苦しい。主戦級3投手の早期復帰は絶対条件だが、それまでの間、開幕ダッシュは
困難なものと思われます。5割ラインで進捗すれば御の字ですがね、仮に借金を5-6
くらい積み重ねた段階で戦力が整って、大型連勝で波に乗せるだけの地力がチームに
備わっているか、その辺も注目ですね。
いずれにせよ、去年の「下剋上」・投手フル回転のツケを背負わされるシーズンに
なるかも知れないという覚悟は多少でも持っておいたほうが良さそうだという気が
致します。


一方で攻撃面ですが、今年はラミレス監督が「スモールベースボール」を
標榜してる点が気になります。犠打やスチールを交えた攻撃スタイルを推進するので
しょうが、現状それが可能なメンバーかなという疑問が無いわけではありません。
梶谷を欠いており、年間として20盗塁以上見込めそうな選手が見当たらない以上、
(注:神里がレギュラー定着したら、同程度の盗塁数も可能だろうが、今のところ
その可能性をひとまず置いておきます。)
前年からの盗塁数増加は望み薄。また、2番の大和が送って、クリーンアップに
繋げていく攻撃も、倉本、桑原の出塁率いかんで画餅に付しかねませんので、
機動力野球の目論見が崩れた場合は、従前同様、「重戦車打線」よろしく、
一発長打頼みの攻撃を展開していく他はないと思います。


そして「スモールベースボール」が相手の嫌がる攻撃も差すのであれば、
ストレート系の球種に強く、ファールで何球も粘れる技術を備えている柴田の
起用も欠かせませんね。大和も倉本も常時出場というわけにはいかないでしょうから、
二遊間の動向も見逃せません。


まあ、本当にくどいようですが、1にも2にも投手力ですよ。
ゲームをつくれる先発が戦列に戻って、なおかつ、本来の力量を発揮するまでは、
厳しい戦いが続くものと思われます。
あとはゲーム終盤の手痛い一発や失点をいかに防いでいくか。
去年は三上や砂田がジャイアンツ戦で痛恨の失点を喫して、勝てるゲームを
落としたのが2,3試合あったと思います。そういうのは極力なくしてもらいたいもの。


ということで、ダラダラと書いて参りましたが、筆者のような「ド素人」の戯言
なんか軽々と一蹴するような戦いを、ベイスターズが演じてくれることを
心の底から期待しています。




(了)