マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.3.31 DB × S (2回戦:横浜)

横浜DeNA × 東京ヤクルト(2回戦) 横浜スタジアム 14:00
先発:(DB)バリオス (S)石川
スコア:DB 3-5 S


(責任投手)
勝:石川(1勝0敗)
敗:バリオス(0勝1敗)
S:カラシティー(0勝0敗1S)


(バッテリー)
S:石川、近藤、石山、カラシティーー中村
DB:バリオス、エスコバー、三上、砂田ー嶺井


(本塁打)
S:
DB:嶺井1号(2回:石川)


(スターティングメンバー)


 【 Swallows 】     【 BayStars 】
(二)山田(哲)   (中)桑原
(右)山崎      (遊)大和
(左)バレンティン  (左)筒香
(中)青木      (一)ロペス
(三)川端      (三)宮﨑
(一)坂口      (捕)嶺井
(遊)廣岡      (右)神里
(捕)中村      (投)バリオス
(投)石川      (二)倉本



ルーキー神里 プロ初安打初打点

※画像は横浜DeNAベイスターズ公式HPより引用
(著作権上問題あればご指摘ください)


3打数2安打1打点 右2 右飛 左安① 四球


スワローズ石川から第一打席、1-1からのインコース高めシュート系のボールを
叩いて右線突破の2塁打、第3打席は二死二塁の場面で、同じく石川の初球、ど真ん中の
甘いスライダーを捉えてレフト前へタイムリーヒット。今日の試合で、プロ初安打と
初打点をマーク。
安打にした石川のボールは2球とも甘かったとはいえ、結果を出しましたので、
先日筆者が「神里は左投手に苦労する」旨を書いたクソ記事は要訂正だ!
きのうの神里と違って、今日の神里は打ちそうな雰囲気が漲っていた。
読者諸賢におかれましては、インチキ記事で申しわけない。訂正してお詫びするが、
今後もインチキを書きまくるのでよろしくお願い申し上げます。
そのうちブログ名も「ウソくんのウソ付き野球談議」に修正せねばなりませんな。



嶺井の先制ホームラン

2回裏の第一打席ですね。カウント1-1から石川が投じた外角のカーブを(たぶんボール
球)をうまく拾って、右翼席へ先制のソロ本塁打。いい打撃でした。



ベイスターズ先発 バリオス 投手

4回 107球 被安打6 被本塁打0 与四死球5 奪三振3 自責4


見たところ持ち球は、ツーシーム、カット、フォーク、ナックルカーブ。
球種は他にもあるかも知れませんが、今日の試合に限っては以上の4種しか筆者は確認
できませんでした。


まあ全体的にボールが高めに集まっていましたね。ツーシーム系のボールは
145km程度の球速、カットボールも含めて打ちごろの高さに入るとちょっと苦しい。
あとは3回表の投球で気になったのは、ランナーを置いた時のモーションも大きく、
走られやすい事。けん制もあまり上手いとは言えず、ランナーのケアに課題あり。


4回に青木に打たれた中越えの2点適時打は、ナックルカーブが真ん中低めに
入ったボール、青木が上手く打ったとも言えますが、甘いと言えば甘い球でしたね。
ちょっと今日の登板を見た限りでは、今後先発で使うのは厳しいと思います。



スワローズ先発 石川 雅規 投手

6回2/3 103球 被安打6 被本塁打1 与四球1 奪三振4 自責3


右打者のインコースに対する制球が良かったと思います。
カット、スライダー、シンカー系のボールも、インサイド厳しいところに
投げられていたので、なかなか連打を浴びせるという展開は難しかったものと
思われます。
7回裏はロペス、宮﨑と簡単に二死まで漕ぎつけましたが、嶺井の左線2塁打から
神里、代打の中川(大)、倉本まで4連打。スライダーが甘く入ったのを打たれた
ような感じです。



ベイスターズ4番手 砂田 毅樹 投手

2回 24球 被安打0 被本塁打0 与四球0 奪三振3 自責0


今日のもう一つの収獲点は、この人。
8回からマウンドに上がりましたが、スライダー、沈むボールともに完璧でした。
去年の疲労の影響を心配しましたが、体も少し大きくなった感あり、故障さえ
しなければ、僅差の中継ぎとして去年以上に安定した投球を見せてくれそうな予感。
9回に青木から見逃し三振を奪った、インコースからのスライダーは見事な球でした。


(了)