マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.4.1 DB × S (3回戦:横浜)

横浜DeNA × 東京ヤクルト(3回戦) 横浜スタジアム 13:00
先発:(DB)京山 (S)由規
スコア:DB 3-1 S


(責任投手)
勝:京山(1勝0敗)
敗:由規(0勝1敗)
S:山﨑(康)(0勝0敗1S)


(バッテリー)
S:由規、山中、中尾、近藤ー中村
DB:京山、三上、井納、パットン、山﨑(康)-嶺井


(本塁打)
S:
DB:


(スターティングメンバー)


  【 Swallows 】    【 BayStars 】
(二)山田(哲)   (右)神里
(右)山崎      (中)桑原
(左)バレンティン  (左)筒香
(中)青木      (一)ロペス
(三)川端      (三)宮﨑
(一)坂口      (捕)嶺井
(遊)廣岡      (遊)大和
(捕)中村      (投)京山
(投)由規      (二)倉本



快心の試合運びで2018シーズン初勝利を飾る!

3回裏・ベイスターズの攻撃、神里による左越え二塁打を皮切りに、桑原・投犠打で
1死3塁。3番筒香・初球を叩いた打球が一塁ゴロになる間に神里還って先制点。
4回裏には一死満塁から倉本の初球攻撃、打球は一塁手強襲の右前2点適時打になって
貴重な追加点が入ります。先制・中押しといい形で点を取り、5回を1失点に凌ぐ好投
を見せたプロ初登板・初先発の京山の後を受け継いだ、三上、井納、パットン、山﨑
の救援陣がほぼ完璧に相手打線を封じ切っての今シーズン初勝利。


いやー、実に素晴らしい試合でした。子供の頃にファミコンの「燃えろ!!プロ野球」
を遊びまくることで育った筆者としましては、特大場外ホームランがガンガン飛び出す
(ただし対戦チームの本塁打は固く停止の事)試合展開が毎日理想ですけど、
贅沢言ってはいけませんな。どんな形でもチームが勝てばそれで良いのです。
まあとにかく、今季初勝利ですので、ベイスターズファンの皆様、おめでとう
ございました。筆者にもおめでとうございました。先ほど「業務スーパー」で買った
37円のミネラルウォーターでささやかに祝杯をあげましたが、おいしくなかったので、
後ほどキンミヤ焼酎の炭酸割り(レモン入り)で祝杯をあげ直します。


ちなみに今日の試合は最初から最後までAbemaで見ておりましたが、ちょっと外出していて、試合開始の13時を少し超えた時間に帰宅。試合を見始めたのは、1回表・バレン
ティンの打席の時ですね。京山が投げた、真ん中高めの甘いボールを打ち返されて、
左中間へ打球が飛んで行きましたけど、去年までだったらおそらく一塁でストップして
いたであろうバレンティンが果敢に2塁を狙う走塁を見せて、一旦はセーフの判定に
「してやったり」の表情が印象的。
ベイスターズ側のリクエスト(リプリー検証)で判定はアウトに覆りましたけど、
バレンティンですら、走塁に対する意識が高まり、チーム全体で次の塁を積極的に狙っていく姿勢が浸透しつつある今年のスワローズは、ちょっと厄介な相手になりそうです。
先発投手が揃っていないのと、クローザーのカラシティーが不安定な点を除けば、中継ぎはしっかりしているし、打線も怪我人が出なければかなり強力な布陣を維持できるで
しょう。少なくとも、去年のように「お得意様」に出来る相手ではないと思います。



2年目・19歳京山 将弥 投手 プロ初登板・初先発・初勝利

※画像は2018.4.1付 産経ニュースから引用


5回 84球 被安打5 被本塁打0 与四球1 奪三振3 自責1


筆者が見たところ、球種はストレート、カットボール、縦スライダー、フォーク
(チェンジアップ?)あとはカーブのような球も2球くらい投げていたような気が
します。


初回と2回はボールが真ん中高め付近に集まりがちで、スワローズの打者による
打ち損じや野手の正面を突く打球に助けられた感がありましたが、3回と4回は
その辺の修正が出来てきたようで、左打者のインコース、右打者の外角低めと
厳しいところへ投げ込めていました。
特に、3回表の山田(哲)から見逃し三振を奪った、外角低めのストレート(141km)
4回表のバレンティンを右飛に仕留めた、外角低めストレート(144km)
同じく坂口をセカンドゴロに打ち取った、4球目のインコース・カット系のボールは
いい球だと思いました。


5回表の投球は、80球に到達する段階でやや疲れが見え始めたか、再びボールが
甘めのゾーンに入って行くようになりました。
代打・畠山に投じた5球目のストレートは中飛に終わりましたが、本塁打されても
おかしくないコースでしたし、山田(哲)の右前適時打は詰まった不運な当たり
(やや強めのフォロー風の影響で、ライト方向へ打球が流されて行った)とはいえ、
コース的には打ちごろの球でした。6回表はスワローズもクリーンアップにまわる
嫌な打順につき、この回までが限界でしょう。


開幕2連敗中で何が何でも勝たねばならない試合で、プロ初登板・初先発だったことを
考えれば、京山の投球はもう合格点どころか120点をあげたいくらい素晴らしい内容
でした。よく投げました。
ストレートは平均で143km程度、球威でおしていくスタイルではなく、制球力の良し悪しが生命線になるでしょうが、厳しいコースへ投げ込める力はあると思うので、今後の
先発登板も楽しみですね。ヒーローインタビューでも、「どんな投手になりたいか?」
の問いに、「負けない投手になりたいです!」と涼しい表情で力強く答えてくれました
ので、これからの大きな飛躍に期待したいと思います。



ベイスターズ3番手 井納 翔一 投手

1回 14球 被安打1 被本塁打0 与四球0 奪三振2 自責0


7回表に登板。中村に左前安打を許すも、廣岡と代打・鵜久森から三振を奪う好投
を見せました。まずはリリーフに適性のある面が見られて安心しています。
ストレートは148出ていましたし、2種類のスライダーにフォークのキレも良好。
井納は球種が多いのがいいですね。短いイニングならば、先発時に時折見せる、
エアポケットに入ったような連打を浴びる場面も影を潜める可能性が大きい。
7回の井納がしっかりと機能すれば、取りこぼしも少なくなりそうですね。


(了)