マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.4.4 DB × T (1回戦:横浜)

横浜DeNA × 阪神(1回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)飯塚 (T)小野
スコア:DB 1-2 T


(責任投手)
勝:小野(1勝0敗)
敗:飯塚(0勝1敗)
S:ドリス(0勝0敗1S)


(バッテリー)
T:小野、マテオ、ドリスー梅野
DB:飯塚、エスコバー、三上、砂田ー嶺井


(本塁打)
T:
DB:


(スターティングメンバー)


  【 Tigers 】          【 BayStars 】
(中)髙山      (右)神里
(二)鳥谷      (中)桑原
(右)糸井      (左)筒香
(一)ロサリオ    (一)ロペス
(左)福留      (三)宮﨑
(三)大山      (捕)嶺井
(遊)糸原      (遊)大和
(捕)梅野      (投)飯塚
(投)小野      (二)倉本


試合視聴:TVKテレビ 1800から試合終了まで


試合の概況

阪神は2回、一死二・三塁から梅野のスクイズで先制、5回には二死二塁から、鳥谷の
右線適時二塁打で追加点。横浜DeNAは、8回に一死一・三塁から神里の右前適時打で
1点を返すのみ。2回裏・二死一三塁、6回裏・二死三塁、8回裏に1点を返した後の
一死・二三塁の3度の好機をいずれも生かせなかった拙攻が敗戦につながったと
言えよう。特に6回裏・二死三塁、8回裏の二死二三塁で回ってきた3番筒香が、
いずれも凡退に終わったのが痛かった。



ベイスターズ先発 飯塚 悟史 投手

※画像は横浜DeNAベイスターズ公式HPから引用しました。


6回 84球 被安打7 被本塁打0 与四球0 奪三振3 自責2


数字だけ見ると無難に投げた印象になりますが、全体的にボールが甘いところへ
入りがちで、タイガース打線の打ち損じに助けられた面あり。
ストレートは最速147kmを計時、スライダー、フォーク、球数は少なかったが
ナックルカーブのボール自体は良かったと思われますが、打ちごろの甘いコースへ
投げてしまうケースが少なくありませんでした。
飯塚本人の降板後の談話でも「変化球の精度を上げて行きたい」旨を言及していた
ようですけど、まさにその通りで、打者が打ち辛い厳しいコースへある程度投げ込めて
行かないと、先発としてローテーションを張って、コンスタントに勝ちを納めて行く
のは難しいと思います。その辺が飯塚の課題となりますが、多少時間がかかっても、
彼なら克服してさらなる成長を遂げてくれると信じています。


今日の投球で特に気になったのは、5回表ですね。
梅野=捕飛(カウント1-1からの3球目、144kmインハイの直球。Niceボールだった)
小野=見三振
と2アウトを取ってから、髙山に2-2からライトへ二塁打を打たれたのが勿体ない。
髙山には初回の第一打席でも0-2と追い込んでから、外角のボール気味のフォークを
レフト前へ安打をされていて、この打席でもフォークが甘くなって打たれているん
ですね。 
続く鳥谷には、2-1からの4球目、140kmのストレートですが、インコースをねらった
球がシュート回転して真ん中へ入って打たれました。ライトへの適時二塁打。
さらに3番の糸井には、初球ですね、130kmのスライダーが甘くなって、中前打。
センターの桑原が浅く守っていた為に、二塁ランナー鳥谷の生還を捕殺で防ぎ
ましたが、この回の飯塚は、梅野、小野と2アウトを取ってから、甘いボールが
目立ちました。
他には4回にも、大山の左飛に終わった打席も、かなり甘いボールでしたし、
よく2点で収まったなというのが率直な感想です。



タイガース先発 小野 泰己 投手


7回1/3 116球 被安打3 被本塁打0 与四球2 奪三振2 自責1


ストレートの最速は152km ストレートに関して言えば、そんなに甘いところへは
来ていなかったように思います。ボールに力もありましたので、ベイスターズの
打者が凡打を積み上げるのも仕方がないかと。この投手はカーブも投げますけど、
その制球が課題。カーブの制球が安定してくると、緩急が使えるので面白い存在に
なるんじゃないでしょうか。



8回裏 ベイスターズの攻撃

7番・大和 2-2から149kmインローのストレートを中安
代打・楠本 遊ゴロ (4→3送球エラーの間に打者走者は2塁へ)一死2塁
9番・倉本 5球目が暴投(一死3塁) 6球目ファールの後 四球 一死1・3塁


投手交代(小野→マテオ)


1番・神里 2-2から138kmの落ちるボールを、やや詰まりながらうまく捉えて
右前へ適時打。これで1点を返す。一死1・3塁


2番・桑原 初球時に神里が盗塁(一死2・3塁) 2球目を打って浅い中飛。
3番・筒香 3-2のフルカウントから、インハイの152kmストレートを見逃し三振。
これなー、筒香。インコースのストレート、結果はどうあれ、バットを出して
欲しかった。



要警戒 糸原

2回表の第一打席 0-1からの146kmストレートを右越え二塁打。
9回表の第4打席 1-2からの144km インコース高めのボール球強引に振り抜いて、
中越え二塁打。去年からいい打者だなと思っていたけど、ストレート系に圧されない
鋭さを感じる。


とりあえずこれで記事をアップ。修正点があればあとで補記したり直したりします。
試合後のレビュー記事は、見たことを適当に綴っていくので文章にまとまりがなく
読みづらいと思うが、さらっと流して概略をつかんでもらえたらと。


ちなみに今年は、勝って喜ぶ、負けてくやしがるという「感情表現」はやらない。
ダサいから。敗戦した時にどれだけ冷静で公平な記事がかけるか、その点にファンと
しての真価が問われると思うので、徹底的にこだわっていきたいですな。


(了)