マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

2018.4.5 DB × T (2回戦:横浜)

横浜DeNA × 阪神(2回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)東 (T)メッセンジャー
スコア:DB 0-2 T


(責任投手)
勝:メッセンジャー(2勝0敗)
敗:東(0勝1敗)
S:ドリス(0勝0敗2S)


(バッテリー)
T:メッセンジャー、ドリスー梅野
DB:東、砂田、三上、井納ー戸柱


(本塁打)
T:
DB:


(スターティングメンバー)


  【 Tigers 】        【 BayStars 】
(中)髙山      (中)神里
(二)上本      (遊)大和
(右)糸井      (左)筒香
(一)ロサリオ    (一)ロペス
(左)福留      (三)宮﨑
(三)大山      (捕)戸柱
(遊)糸原      (右)楠本
(捕)梅野      (投)東
(投)メッセンジャー (二)倉本



試合視聴:TVKテレビ 1815から試合終了まで


試合の概況

ゲームが動いたのは4回表。阪神はロサリオと福留の連打で築いた一死二三塁の
場面において、大山が犠飛を打ち上げて先制。8回には一死二塁から、糸井の
適時二塁打で追加点。メッセンジャー、ドリスの継投により零封勝利を納めた。
先発のメッセンジャーは8回を投げて散発の3安打、無得点に抑えて開幕戦に続く
2勝目。横浜DeNAは、ルーキー東の好投を打線が援護できず2連敗。



ベイスターズ先発 東 克樹 投手

※画像は横浜DeNAベイスターズ公式HPから引用しました。


7回 112球 被安打6 被本塁打0 与四球1 奪三振9 自責1


ドラ1ルーキーのプロ初登板、初先発。いやー、予想以上の投球でしたね。
投手としての完成度は、1年目の頃の今永や濵口をも上回るのではないですか。


最速150kmのストレート、スライダー、カーブ、フォークが持ち球ですが、
制球力に長けていて、どの球種でもストライクが取れて、勝負球にも出来る点が
優れていますね。右打者、左打者を問わず、インコースの懐を攻め切れることも
好材料です。これが全体を通して見た東の投球スタイルに対する印象となります。


特に良かったボールは、
2回表 福留から見逃し三振を奪った、外角のチェンジアップ。
3回表 メッセンジャーから空振り三振を奪った、インコースのストレート。
4回表 梅野を三ゴロに打ち取った、132kmのチェンジアップ。
6回表 大山から空振り三振を奪った、インハイのストレート。


反面甘かったボールは、
4回表 福留に右越え二塁打を打たれた、119kmのカーブ。ほぼど真ん中。
同じく4回表 大山にレフトへ犠飛を打たれた初球、131kmのスライダーか
チェンジアップ。これもど真ん中。大山が打った瞬間、本塁打かと思いました。


プロ初先発でいきなり7回まで投げ切る精神力というかスタミナ面も問題なし。
打線の援護なく惜しくも敗戦投手になったものの、投球内容は素晴らしいの一言に
尽きるし、マウンドでの雰囲気も堂々としていて、格好いいんだなーこれが!


東投手自身のみならず、チームの先行きにも何か明るい未来を感じさせるものを
今日の試合で見せてくれましたので、それで充分です。



タイガース先発 メッセンジャー 投手

8回 96球 被安打3 被本塁打0 与四球0 奪三振11 自責0


なんか年々、齢を重ねるごとに「進化」を遂げていませんか?
筆者がメッセンジャーを見た中では、今日が最高級の投球内容。
スライダーとカーブ、落ちる球と変化球が多めの配球でしたが、ボールの切れと
制球が完璧でした。甘いボールは筆者が見た限り、6回裏、戸柱がライトフェンス
直撃の単打を打った、128kmのスライダーだけ。これは甘いコースに入りましたけど、
それ以外のボールは、とてもではないが、打てそうな気配なし。



ベイスターズ2番手 砂田 毅樹 投手

1/3回 14球 被安打2 被本塁打0 与四球0 奪三振0 自責1


きのうに引き続いて連投ですね。8回表ですので、ここで井納を持ってくる手も
考えられますが、タイガースの打線が、髙山、上本、糸井(左、右、左)という
巡りなので、左の砂田を連投になっても起用してきたベンチの方針も理解できなくは
ありません。
ただ今日の登板では、髙山に2-2と追い込んでから中安打を打たれた、140kmの
ストレートは甘かったし、糸井の右越え適時二塁打も、3-1とボール先行になった後の
5球目、127kmのスライダーがど真ん中へ入って打たれました。
ちなみに今更ながら気づきましたが、砂田ってストレートを投げるとき、
ツーシームの握り方をするんですね。



最後に

これで開幕5試合で1勝4敗。ベイスターズ打線が湿り気味ですが、相手投手の状態が
良過ぎた面もあるので、まあ、こんなもんかなと。筆者としましては、この5試合で
京山、飯塚、東、神里、楠本と将来が楽しみな若手の躍動が見られましたので、
充分楽しかったです。


(了)