マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

2018.4.10 G × DB (1回戦:東京ドーム)

巨人 × 横浜DeNA(1回戦) 東京ドーム 18:00

先発:(G)山口(俊) (DB)飯塚
スコア:G 3-4 DB


(責任投手)
勝:井納(1勝0敗)
敗:上原(0勝1敗)
S:山﨑(0勝0敗4S)


(バッテリー)
DB:飯塚、三上、エスコバー、井納、砂田、山﨑ー嶺井
G:山口(俊)、上原、マシソン、澤村ー小林、大城


(本塁打)
DB:
G:長野1号②(7回:エスコバー)


(スターティングメンバー)


 【BayStars】         【 Giants 】
(中)神里      (中)立岡
(遊)大和      (二)吉川(尚)
(左)筒香      (遊)坂本(勇)
(一)ロペス     (左)ゲレーロ
(三)宮﨑      (三)マギー
(右)乙坂      (一)岡本
(捕)嶺井      (右)亀井
(投)飯塚      (捕)小林
(二)倉本      (投)山口(俊)



8回表 一死満塁からレフトへ勝ち越しの2点適時打を放つ嶺井 博希
※画像は2018.4.10付 デイリースポーツオンラインから引用しました。



試合の概況

巨人・山口(俊)、横浜DeNA・飯塚の両先発で始まったこの試合は、序盤から
投手戦の様相。均衡を破ったのは5回表のDeNA、一死二塁から倉本の適時打で先制。
7回裏の巨人は、代わり端のDeNA・エスコバーを捉え、一死一塁から代打の長野が
右翼席へ2点本塁打を放ち一旦は逆転。8回表のDeNAは、巨人2番手投手の上原から
宮﨑が同点適時打、嶺井の2点適時打で再度リードを保ち、1点差まで追撃される
ものの、9回に山﨑を投入して逃げ切った。巨人は上原の乱調が誤算で4連敗。
DeNAは今季初のカード初戦勝利、3連勝で借金を1まで戻した。9回裏、打者3人で
抑え切った山﨑は入団4年にして、プロ通算100セーブを達成。



ベイスターズ先発 飯塚 悟史 投手

5回 76球 被安打6 被本塁打0 与四死球3 奪三振4 自責0


初回の立ち上がり、先頭の立岡にいきなりストレートの四球、2番の吉川(尚)には
死球を与えて、無死一二塁のピンチ。ボールもお辞儀をするような感じといいますか、
全く制球出来ていなかったのでどうなるかと思いましたが、3番坂本の初球にカーブを
投げてストライクを取り、2球目のスライダーを打たせて遊ゴロ併殺に仕留めたあたり
から、落ち着きを取り戻したようですね。4番ゲレーロには、4球目のスライダーか
フォーク、結構甘い球でしたが左飛に打ち取って、初回を0点で切り抜けたことが
大きかったと思います。


2回以降は、多少甘いボールも見受けられたものの、ストレート、カーブ、スライダー、
フォークと持ち球を上手く使いながら、相手打線を丁寧に抑え込んで行きました。
去年よりも制球力が上がり、ストレートの球速も増したことから、右打者のインコース
も大胆に突けるようになった点に、飯塚の成長度が見て取れます。
特に4回裏、二死一・三塁で、小林を迎えた場面、初球にインコースの胸元厳しい
ところへ投げ込んで、2球目はやや甘めのゾーンへスライダーが入って行きましたが、
左飛に打ち取りました。初球の厳しいボールが功を奏した結果と思われます。
同じ4回裏ですと、亀井に投げた4球目、空振り三振を奪った144kmの真ん中やや高め
のストレートは素晴らしいボールでした。


あと気になった点は、5回裏の投球で、一死一塁(一塁走者・立岡)で打者は吉川(尚)
の場面。カウント1-0からの2球目にエンドランを仕掛けられ、133kmのスライダー
(またはフォーク)を左前へ打たれてしまいます。一塁走者の立岡は、2塁回って
三塁まで走りましたが(7→5)の送球に刺されてアウト。ここは牽制を行って、
ランナーをケアしなければならなかった場面。走者・立岡、打者・吉川(尚)で
機動力を駆使してくる可能性が極めて高いケースで、1球も牽制をしないというのは
どう考えてもおかしい。3回裏のマウンドでも、立岡に内野安打で出塁を許しましたが、
牽制を投げたのは、次打者・吉川(尚)、3番・坂本、いずれも2球目の投球の後
でした。その辺のパターン化もちょっと気になるところ。偶然かも知れませんが。


ただ、飯塚の投球内容に関しては、中5日での先発登板だったことも含めて充分合格点
です。6回先頭のゲレーロに左安打を打たれて76球でマウンドを降りましたけど、
それまでは相手打線を無失点。立ち上がりの状況からガタガタと崩れかねない中、
よく持ち直したと思います。明らかに去年よりも球速や変化球の精度に進歩の跡が
見受けられるので、今後の投球も楽しみです。



ベイスターズ2番手 三上 朋也 投手

1回 8球 被安打0 被本塁打0 与四死球0 奪三振0 自責0


6回裏、無死一塁の場面で登板。
去年の三上は、巨人戦での投球内容が悪かったので懸念をしましたが、ストレート、
スライダー、球の走りは良かったのではないかと思います。
マギーを右飛に打ち取った球は、152kmのストレート、岡本を遊ゴロ併殺に仕留めた
球は、外角のスライダー、コースは甘かったかどうかまでは忘れましたが、今回見た
限りでは、ボールが高めに抜けて行くようなケースは見られませんでした。



5回表 倉本タイムリーで先制

一死二塁の場面。カウント3-1からの5球目、ほぼ真ん中のストレートかスピリット系
の球を弾き返し、右前にタイムリーヒット。
巨人先発・山口(俊)も出来が良く、ほとんど甘いボールはなかったが、その打ちごろ
の球を逃さずに貴重な先制打となりました。



8回表 ベイスターズの攻撃

この回からマウンドに上がった、ジャイアンツ上原に対し、5本の長短打を浴びせての
再逆転劇。上原もストレートは140kmに満たない、スプリットは甘いコースに入るでは、抑えるのが難しかったでしょう。その点では、ジャイアンツの継投策に助けられての
勝利とも言えなくもありません。8回からマシソンか澤村、9回にカミネロと継ぎこまれたら、たぶん、2-1か3-1で敗れていたと思います。しかし、対戦相手の投手とは言え、
上原は筆者と同じ年齢。上原が打たれる姿やうなだれてベンチに下がる場面は、正直、
心苦しいものがある。見ていて気分の良いものではありませんでした。



最後に

ナイトゲームの試合後レビュー記事は、試合時間にもよりますが、基本的に翌日更新
となります。ほとんど殴り書きに近い状況なので、誤字脱字、文章がおかしい点が
あればご指摘をお願い致します。


(了)