マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.4.11 G × DB (2回戦:東京ドーム)

巨人 × 横浜DeNA(2回戦) 東京ドーム 18:00

先発:(G)吉川(光) (DB)平田
スコア:G 3-6 DB


(責任投手)
勝:三嶋(1勝0敗)
敗:澤村(1勝1敗)
S:山﨑(0勝0敗5S)


(バッテリー)
DB:平田、パットン、三嶋、三上、山﨑ー嶺井、戸柱
G:吉川(光)、宮國、マシソン、澤村、田原ー小林


(本塁打)
DB:筒香3号②(6回:吉川光)
G:


(スターティングメンバー)


  【BayStars】          【 Giants 】
(右)神里      (中)立岡
(遊)大和      (二)吉川(尚)
(左)筒香      (遊)坂本(勇)
(一)ロペス     (左)ゲレーロ
(三)宮﨑      (三)マギー
(捕)嶺井      (一)岡本
(中)桑原      (右)亀井
(投)平田      (捕)小林
(二)倉本      (投)吉川(光)



試合の概況

6回表、DeNA・筒香の2点本塁打で先制点を許した巨人はその裏、吉川(尚)の
二塁打を皮切りに、坂本勇の右中間適時二塁打、亀井の適時打、代打・阿部の
押し出し四球で逆転。マシソン、澤村の継投で逃げ切りを図るが、8回表、その
澤村が簡単に二死を取った後、ロペスの中安打から5連続長短打を浴びて4失点。
ゲームをひっくり返したDeNAは三上、山﨑の継投が決まり4連勝。勝率を5割に
戻した。敗れた巨人は2試合連続で継投策が裏目に出て5連敗。



ベイスターズ先発 平田 真吾 投手

一軍登板75試合目でプロ初先発、5回3安打無失点の好投を見せた平田 真吾 投手
(※画像は2018.4.11 デイリースポーツオンラインから引用しました。)


5回 78球 被安打3 被本塁打0 与四球1 奪三振2 自責0


今日はもう真っ先にこの人でしょう。プロ5年目、75試合目の登板で初先発となった
平田投手の好投です。本当によく投げてくれました。マウンド上の表情も去年と
全然違いますね。気迫を感じるというか、どことなく悲壮感が漂っているというか。
去年は平田がマウンドで口を半開きにしている姿が気に入らないと、筆者はブログ記事
で何度か書いたけれども撤回します。申し訳ない。これからは平田投手を全力で応援
して参ります。


さて今回の投球内容ですが、立ち上がりの初回は、フォークが高めに抜けたり、
ストレートが甘かった点が気になりましたけど、ボール自体は走っていましたので、
制球さえまとまってくれば、結構いけるかなという期待は持てました。
初回、吉川(尚)の一塁強襲二塁打と、ゲレーロの四球で二死一・三塁のピンチを
招きますが、マギーを144kmのストレートで中飛に打ち取り、無失点で切り抜けます。


2回以降は、カーブ、スライダー中心の配球。カーブも良かったですが、スライダーが
それにも増して、制球とキレが優れていました。非常にいいボールでしたね。
平田ってこんなに素晴らしいスライダーを投げられたのかと思った次第。


去年、中継ぎ登板時に平田がよく投げていたツーシーム(シュート系)のボールは、
4回までに3球だけ。4回裏は二死からマギーに二塁打を打たれましたが、続く6番の
岡本には、1-1からの3球目にツーシームを投げて捕ゴロ。このツーシームは効果的な
ボールでした。


5回裏は、先頭の亀井に初球からど真ん中のスライダーを投げてしまい、右越えの
二塁打を打たれてしまいますが、後続の小林にはツーシームで投ゴロ(一死三塁)
吉川(光)はスライダーで空振り三振、トップに還って立岡には、1-1から外角の
厳しいゾーンへスライダーを投げ切って左飛。この回もピンチを招きながら、
何とか無失点に抑えました。


以上、5回を投げ切った時点でお役御免。6回表に筒香の先制2ランが飛び出した
関係で、平田に勝利投手の権利が出ましたが、代わった2番手のパットンが同点を
許して消滅。しかし、今永、ウィーランド、濵口の先発衆が故障で出遅れてる中、
その代役をしっかりと務めた平田の好投はお見事としか言いようがありません。
失礼ながら、平田が5回無失点で終えるとは思っても見ませんでした。


来週は変則日程の5試合だから、一旦はファームへ降りますかね。
ただ今回の先発登板で見せた投球内容を踏まえると、当然、次の機会の先発も
期待が高まります。2週間後の対広島戦(横浜)で再び先発することがあれば、
是非、その投球を楽しみにしたいと思います。



6回表 ベイスターズの攻撃

倉本、神里がともに一ゴロに倒れて二死になりましたが、大和が巨人・吉川(光)の
投じた3球目カーブを捉えて左安打で出塁。
3番・筒香はカウント1-1からの3球目、外角高めのストレートを逆方向へ運んで、
左翼席への先制2点本塁打。初球は顔の付近に飛んできたインコースのボール球、
2球目は133kmのスライダーをファール。3球目に外角高めのストレートを要求した
ジャイアンツバッテリーの意図は、ファールを打たせたかったのか、ボールにした
かったのか分かりませんが、それはともかく、筒香本来の反対方向への大きな打球
でした。



パットン問題 勃発

2/3回 30球 被安打4 被本塁打0 与四球0 奪三振1 自責3


2点リードの6回裏から登板。
ストレートは最速150kmを計時するも、ボールに勢いがない感じ。
変化球はスライダー一辺倒、制球も今一つの様子。
坂本の右中間適時二塁打、ゲレーロの左安打、亀井の中前適時打、いずれも打たれた
のはストレートでしたが、球速ほど球威がない上に、コースも甘かったですかね。



8回表 ベイスターズの攻撃

ジャイアンツのマウンドは、3番手の澤村。
先頭の大和を中飛、筒香を遊ゴロに仕留めて簡単に二死を取ります。ここまでの
澤村はストレートに力があって攻略は困難かなと思わせました。


しかし、4番のロペスに対しては、一転してスプリットを多投してファールで
粘られます。最後は8球目か9球目だったと思いますが、145kmストレートを
中前へ弾き返されます。以降、宮﨑の中安打、逆転打となる代打・乙坂の2点適時
二塁打などを含めて5連続長短打。こちらも澤村が打たれたボールは全部ストレート。
宮﨑を迎えた段階で球数は20球前後だったため、球威が衰えたのか、コースが甘く
なってしまったのか、その辺までは確認できませんでしたが、澤村は本来、カーブ
やスライダー、シュート系のボールも投げられたにも拘らず、ストレートとスプリット
のみの投球に終始した今回の状況は、ちょっと予想外でした。


(了)