無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

2018.4.12 G × DB (3回戦:東京ドーム)

巨人 × 横浜DeNA(3回戦) 東京ドーム 18:00
先発:(G)大竹 (DB)東
スコア:G 4-6 DB


(責任投手)
勝:東(1勝1敗)
敗:大竹(1勝1敗)
S:山﨑(0勝0敗6S)


(バッテリー)
DB:東、須田、エスコバー、三上、井納、山﨑ー戸柱
G:大竹、田原、宮國、篠原ー小林、大城


(本塁打)
DB:神里1号(1回:大竹) ロペス2号②(1回:大竹)
G:マギー1号③(1回:東)


(スターティングメンバー)


 【BayStars】         【 Giants 】
(右)神里      (遊)坂本(勇)
(遊)大和      (二)吉川(尚)
(左)筒香      (左)ゲレーロ
(一)ロペス     (三)マギー
(三)宮﨑      (一)岡本
(捕)戸柱      (中)長野
(中)桑原      (右)中井
(投)東       (捕)小林
(二)倉本      (投)大竹



試合の概況

DeNAは初回、神里の先頭打者本塁打に始まり、打者一巡の猛攻を見せて5得点。
試合を優位に進めて5連勝。貯金を1とした。対する巨人は、DeNA先発・東の
不安定な立ち上がりを攻め立て、初回にマギーの3点本塁打で反撃するが、以降
続かず。先発・大竹の乱調に加え、4回裏・一死一二塁、5回裏・二死一三塁の好機
を逸したことも響き6連敗。DeNAの東は、5回1/3を投げて、自責点3ながら自ら適時
打を放つなど、味方打線の援護もあり、プロ初勝利をマークした。



ドラ1ルーキー・東 克樹 投手 プロ初勝利!

※画像は2018.4.12付 スポニチAneexから引用しました。


5回1/3 98球 被安打6 被本塁打1 与四球4 奪三振7 自責3


修正能力の高さも垣間見えた今回の先発登板


初回に自らの打撃で適時打を放つなど、いきなり5点の援護をもらってのマウンド。
1回裏、立ち上がりに力みが出たのか制球が定まらず、先頭の坂本(勇)、
2番の吉川(尚)に連続四球の苦しい滑り出し。
3番・ゲレーロは一飛に打ち取るものの、4番・マギーにボール先行、カウント3-1
となってからの5球目、131km、おそらくチェンジアップと思われるが甘く入って
左翼席へ3点本塁打を打たれてしまいます。
そして、5番・岡本にはストレートの四球を出して、この回だけで3与四球。少し
嫌な流れに傾きかけましたが、6番・長野、7番・中井を連続で空振り三振に切って
取り、自ら招いたピンチの芽を摘み取りました。新人ながら、早めの修正能力の
高さは大いに評価されるべき事項と思われます。


以降は本来の投球を取り戻し、4回裏・一死一二塁、5回裏・二死一三塁のピンチも
無難に切り抜け、6回途中一死、中井に中越えの二塁打を打たれた場面をもって、
98球で降板。初回、マギーの3ランだけの失点に抑えるプロ初勝利となりました。


全体の投球を見てみますと、3回裏と5回裏にゲレーロを迎えた場面では、2打席ともに
初球、胸元の厳しいところを投げ、攻撃的な姿勢も見えましたし、3回裏のゲレーロには、2-2からの5球目に外角低め145kmストレートを投じて見逃し三振、5回裏の岡本には
1-2からの4球目、外角に147kmのストレートで見逃し三振、2球とも素晴らしいボール
でしたがそれ以上に、外のチェンジアップが想定される中で、その裏をかくバッテリー
の球種選択も冴えていました。


ただ5回裏の投球は甘いボールが散見され、マギーの打ち損じに助けられた面も
ありましたが、トータルでは修正の早さや、投げっぷりの良さも含めて充分に
合格点の投球ではなかったかと思います。



神里 プロ初本塁打を先頭打者弾で決める!

※画像は2018.4.13付 デイリースポーツオンラインから引用しました。


巨人・大竹が投げた2球目の141kmストレート、インコースのボールだったと
思いますが、振り抜いた打球は左翼席へ吸い込まれ、待望のプロ初本塁打を
初回先頭打者弾で決めてくれました。打撃面では強く振り抜くことを心がけて
いるそうで、その成果が表れたものと思われます。年間10-15本くらいは本塁打を
打てる選手になってほしいですね。


(了)