マルハ大洋スポーツ

                       
                       
                       

2018.4.13 DB × D (1回戦:横浜)

横浜DeNA × 中日(1回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)石田 (D)小笠原
スコア:DB 6-5 D 


(責任投手)
勝:石田(1勝2敗)
敗:又吉(1勝1敗)
S:井納(1勝0敗1S)


(バッテリー)
D:小笠原、又吉、祖父江ー松井(雅)
DB:石田、パットン、井納ー嶺井
  
(本塁打)
D:ビシエド3号③(5回:石田)
DB:宮﨑2号(2回:小笠原)


(スターティングメンバー)


 【 Dragons 】      【 BayStars 】
(中)大島      (右)神里
(遊)京田      (遊)大和
(左)アルモンテ   (左)筒香
(一)ビシエド    (一)ロペス
(右)平田      (三)宮﨑
(二)高橋      (捕)嶺井
(三)福田      (中)桑原
(捕)松井(雅)   (投)石田
(投)小笠原     (二)倉本


視聴:TVKテレビ 18:10ごろから試合終了まで



7回裏・無死二三塁から同点の中前適時打を放つ横浜DeNA・大和選手
(※画像は2018.4.13付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。)



試合の概況

5連勝中と波に乗るDeNAは2回裏、宮﨑のソロ本塁打で先制する幸先の良いスタートも、
打線好調の中日は間髪入れず3回表に、2死から大島の二塁打を足がかりに京田、アルモンテの連続適時打で逆転に成功。5回表にはビシエドの3点本塁打で突き放し、中日優位の試合展開に。DeNAは6回裏、一死満塁の好機に嶺井の犠飛で1点を返すに留まったが、
7回には中日2番手・又吉を攻め立て、代打・乙坂の四球、倉本の右中間二塁打、
神里の投犠打と野選、大和の中前適時打で同点に追いつき、さらに一死一三塁から
ロペスの三ゴロの間に勝ち越し。1点のリードをパットン、井納の継投で逃げ切り
連勝を6に伸ばした。中日は又吉の不調が尾を引いて、2点のリードを守り切れず
連勝は4でストップ。


今年のベイスターズは一味違う! 実を結んだ機動力野球

3回裏 ベイスターズの攻撃

ドラゴンズに逆転された回のその裏、ベイスターズは先頭の倉本が、中日先発・小笠原
の投じた4球目カーブを捉えて中前安打を放ちます。
続く神里は平凡な中飛に倒れますが、一塁走者の倉本はタッチアップで二塁を陥れ、
好判断な走塁。去年では考えられないような「足」を使った攻撃の積極推進。
非常に良い傾向だと思います。倉本の好走塁が、大和の左前同点適時打に結実します。



7回裏 ベイスターズの攻撃

この回からドラゴンズのマウンドには又吉が上がります。
まず代打の乙坂がファールでしつこく粘りながら、11球目を選んで四球で出塁します。
続く9番の倉本は、カウント1-1からの3球目、142kmのストレートを叩いて右中間を
破る適時二塁打で1点差まで詰め寄ります。高めの甘いボールでしたが、逃さずに
しっかりと捉えてくれました。


打順は1番に還って神里ですが、神里は初球から投前へ犠打を敢行。打球を処理した
又吉は三塁へ送球するも二塁走者(倉本)はセーフ。犠打と野選が記録されて、
無死一三塁の場面。


迎える打者は2番の大和、初球に神里が走って無死二三塁。2球目を中前へ弾き返して
再びの同点適時打。今日の大和は、8回表にはアルモンテの遊ゴロを好捕しましたし、
攻守にわたって大活躍でした。


3番・筒香は2-0ボール先行のカウントから、3球目を打って三飛に倒れました。
3回にも遊ゴロ併殺に打ち取られていて、今日の筒香はちょっとブレーキ気味でした。


勝ち越しは4番・ロペスの三ゴロの間です。


3回と7回の攻撃で、去年では目にすることがなかった、足でかき回していく機動力野球
が随所に現れていたので、一発長打頼みではない様々な攻撃バリエーションが見られる
かと思うと、これからの試合も俄然面白くなってきますね。とても楽しみです。



ベイスターズ先発 石田 健大 投手

(※画像は2018.4.13付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。)


7回 113球 被安打7 被本塁打1 与四球1 奪三振7 自責2 失点5


初回から右打者インコースへのストレート、スライダー、外へのチェンジアップと
ボール自体はいい感じでした。制球も安定しており、3回の平田の打席から使いだした
フォークのキレも良好。調子は悪くないという印象を持ちました。
ただ勿体無かったのは、3回表と5回表の投球ですね。いずれも二死からの失点です。


3回表は、松井(雅)を遊飛、小笠原を空振り三振と二死を取ったあと、大島をフル
カウントから141kmストレートを左中間2塁打、京田には2球目の甘いスライダーを
捉えられて右前適時打で同点。続くアルモンテには、1-2からインコースのボールを
レフトへ運ばれて勝ち越しの適時打。このアルモンテに対する球は、決して甘い
コースではなかったので、打った方を褒めるべきでしょう。そして4番のビシエドには、
3球カーブを続けて、左前安打を許してしまいます。


5回表は、先頭の小笠原を二ゴロ、大島の二ゴロを倉本が失策する不運もありながら、
2番の京田には、2-0から3球目のカーブで三飛に打ち取って、二死まで行きましたけど、
3番アルモンテをストレートの四球で歩かせて、二死一二塁。ここまでは仕方がない。
しかし、4番のビシエドに初球からインハイ甘めのゾーンへストレートを投じて、
左翼席へ3点本塁打を献上したのは残念な結果でしたね。胸元の厳しいところへ投げ
させたかったのかどうか分かりませんが、不用意な一球だったことは確かです。


(了)