マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.4.15 DB × D (3回戦:横浜)

横浜DeNA × 中日(3回戦) 横浜スタジアム 13:00

先発:(DB)京山 (D)笠原
スコア:DB 6-1 D 


(責任投手)
勝:京山(3勝0敗)
敗:笠原(0勝2敗)
S:


(バッテリー)
D:笠原、伊藤(準)、木下(雄)-松井(雅)、木下(拓)
DB:京山、三上、井納、砂田、須田ー嶺井
  
(本塁打)
D:アルモンテ4号(6回:京山)
DB:


(スターティングメンバー)


  【 Dragons 】      【 BayStars 】
(中)大島      (右)神里
(遊)京田      (遊)大和
(左)アルモンテ   (左)筒香
(一)ビシエド    (一)ロペス
(右)平田      (三)宮﨑
(三)高橋      (捕)嶺井
(二)亀澤      (中)桑原
(捕)松井(雅)   (投)京山
(投)笠原      (二)倉本



試合の概況

初回に宮﨑の右中間を破る2点適時打で先制をしたDeNAは、5回に大和の左犠飛で
追加点。7回には筒香、ロペスの連続適時打で3点を加え、終始優位な試合運びを演
じて、2001年以来17年ぶりの8連勝。先発の京山は6回途中まで投げて無傷の3勝目を
マーク。中日はアルモンテが一人気を吐くも打線に精彩を欠き、先発・笠原の交代時期
を誤るなど無駄な失点も響いて、同一カード3連敗。



宮﨑 先制の2点適時打

※画像は2018.4.15付 デイリースポーツオンラインから引用しました。


初回、二死一三塁の好機で、宮﨑がカウント0-1からの2球目を捉えて、打球は右中間を
破る二点適時打となりました。ドラゴンズ先発・笠原が投じた外角のストレート、
インコース狙いの逆球で甘かったですが、いい形で打ちました。今年の宮﨑は、ボール
球を空振りする場面があって、その辺で少し懸念を持ちましたが、今日の試合では第3
打席でも中越えの二塁打を放ち、打撃の状態も上向き加減の模様で安心しました。



5回裏 ベイスターズの攻撃

先頭の倉本が、4球続けてファールを打った後、1球ボールをはさんだ6球目を
左中間へ運び二塁打に。今年は開幕から打撃の状態が良好で頼もしい限り。
そして1番に還って、神里が3-2のフルカウントから一塁ゴロ。しっかりと進塁打に
して仕事を果たしました。一死三塁の場面となって、迎える打者は2番の大和。
大和はカウント2-2からの6球目、おそらくインコースのストレートだと思いますが、
強引に引っ張るような打ち方でレフトへ犠牲フライ。理想的な中押し点が加わりました。



先発・京山 無傷の3勝目をマーク 

※画像は2018年4月15日付 サンケイスポーツWeb版から引用しました。


5回2/3 98球 被安打3 被本塁打1 与四球1 奪三振6 自責1


打たれた安打は3本ともアルモンテによるもので、それ以外のドラゴンズの各打者を
完全に抑え、初回から6回まで、先頭打者を出塁させない安定感に優れた投球を
見せました。
持ち球は、ストレート、カット、スライダー、カーブ、チェンジアップ。
今日の試合では、大島、京田、亀澤、松井(雅)の左打者を内野ゴロに打ち取る場面が
ありまして、全て140~145kmのストレート。ゴロに仕留める傾向にあるのは良い事
です。また、3回表、大島の投ゴロを処理した際の動きもよく、フィールディングにも
優れているように見えました。


全体の投球に関しての印象は、セットポジションの投球になると、若干制球が乱れる
ケースが散見されましたが、終始落ち着いて投げていましたので、5-6回までは無難に
乗りきれるだろうと安心して見ておりました。
アルモンテに打たれた3安打は、全てストレート。6回表に打たれた本塁打はインハイの
ストレート、決して甘いコースではなく、相手打者の状態が上手でしたから仕方があり
ません。
4回表に、二死一二塁の場面では、高橋周平にファールで粘られながら8球目に投げた
外角へのチェンジアップはいいボール。4球目からファールで粘られたわけですが、
3球続けて外へのチェンジアップを要求した嶺井、そして最後に空振りを取れる
チェンジアップを投げ切った京山も見事なものでした。



本日1軍昇格 関根 大気 選手

本日1軍登録の関根ですが、8回裏、先頭打者の代打で登場。
ドラゴンズ3番手の木下雄介から、カウント1-2、4球目のストレートを打って左飛。
いい当たりでしたけどね、残念です。関根は筆者が個人的に応援している選手ですので、
1軍での限られた出場機会で良い結果が出ることを待ち望んでおります。
あと、打撃フォーム変わりましたね。



ベイスターズ5番手 須田 幸太 投手

5点リードで迎えた9回表に登板。打者3人で抑えました。
2016年シーズンで見せたような、打者の手元で伸びてくるストレートとは程遠かった
ですが、制球よく、平田を中飛に打ち取ったカーブ、高橋周平を一ゴロに抑えたシンカー
系のボールも低めに決まっていて、緩急自在、今回の登板を見た限りでは、中継ぎの
一員として期待できる感じはしました。長いシーズン勝ち抜くには、リリーフ陣の充実が欠かせませんから、是非、復活してほしいと願います。



2001年以来 17年ぶりの8連勝!

なんだそうです。2001年というと、ライオンズの黄金期を築いた知将、森まさあき
監督就任1年目のシーズンですね。その時に8連勝あったかなーと思うにほとんど
記憶にありません。選手も権藤監督の時に比べて、小粒になった印象しかない。
波留をドラゴンズにトレードで出したり、なんか嫌な雰囲気でしたよ。
現打撃コーチの小川博文がオリックスから移籍してきて5番を打ったり、ドスター、
ズーバー、サンダースの助っ人3人衆があんまり打てなくて、打線の爆発力がなかった
ですね。谷繁はまだいたのかな。


そんでもって、2001年当時の筆者は銀行員での仕事と転職活動の合間を縫うというか、
この年は「お盆」の時しかヒマが出来なかったので、画像にあげた神宮の1試合だけ
観戦。同期で別の支店にいた山原君を誘って出かけました。試合内容は忘れましたが、
ベイスターズはボロ負けました。


2001年のベイスターズには、米正秀という中継ぎ投手がいて、森監督も好んで起用
していたんですけど、筆者が観戦した試合でも登板してきました。苗字が「コメ」
なので筆者はこの投手に「ライス」というあだ名を付けておりまして、同伴者の
山原ともども、「ピッチャー!ライス!」「ライスしっかり投げろ!ボケ!」とか
外野席から野次りましたが、マウンドまで距離があり過ぎるので効果は無しですね。


(了)