マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.4.17 DB × G (4回戦:新潟)

横浜DeNA × 巨人(4回戦) HARD OFF ECOスタジアム新潟 18:00

先発:(DB)飯塚 (G)山口(俊)
スコア:DB 2-3 G 


(責任投手)
勝:山口(俊)(2勝0敗)
敗:エスコバー(0勝1敗)
S:


(バッテリー)
G:山口(俊)ー 小林
DB:飯塚、エスコバー、三上、須田、パットンー嶺井


(本塁打)
G:ゲレーロ2号(3回:飯塚) 亀井2号②(6回:エスコバー)
DB:


(スターティングメンバー)


  【 GIANTS 】      【 BayStars 】
(遊)坂本(勇)   (中)神里
(二)吉川(尚)   (遊)大和
(左)ゲレーロ    (左)筒香
(三)マギー     (一)ロペス
(一)岡本      (三)宮﨑
(右)亀井      (右)佐野
(中)中井      (捕)嶺井
(捕)小林      (投)飯塚
(投)山口(俊)   (二)倉本



試合の概況

両軍の得点は全て二死からの攻撃で挙げる。巨人は3回表、ゲレーロのソロ本塁打で
先制、その裏すかさずDeNAは、大和の中安打、筒香の四球を足がかりに、ロペス、
宮﨑の連続適時打で逆転。試合は膠着模様も6回表、巨人は岡本の左安打をもって
マウンドを降りたDeNA先発・飯塚のあとを受けたエスコバーから、亀井が2点本塁打を
放ち再逆転。3-2で逃げ切り勝利を納めた。巨人先発の山口(俊)は、14奪三振を奪う
好投を見せ9回完投で2勝目をマーク。チームの連敗も2で止めた。対するDeNAは、
4回以降無安打に抑え込まれての敗戦で、連勝は8でストップ。



3回裏 ベイスターズの攻撃

先頭の倉本が一ゴロ、神里は二ゴロに倒れて二死になりましたが、大和が1-1からの
3球目、巨人:山口(俊)が投じた109kmのカーブを上手く叩いて中前打で出塁します。
ジャイアンツに先制された直後の裏の攻撃で、二死から反撃の狼煙。
3番の筒香は、0-2と追い込まれながらも、4球続けてボールを選んで出塁。これで
二死一二塁のチャンスとなり、4番のロペスが初球、真ん中のストレートを捉えて
左前適時打で同点。5番の宮﨑は、2-0からの3球目、フォーク(スライダー?)が
多少甘く入ったのを打ち返して右前適時打で2点目。鮮やかな逆転劇でしたけどね。


ジャイアンツ先発の山口(俊)は、この回の二死を取ってから、甘いボールが何球か
ありました。そこを付けこんでの2得点でしたが、全体的に力みのないフォームで
制球力あり、真っ直ぐに力があったというよりは、変化球主体、奪三振14の数字を
象徴するように、フォークボールのキレが抜群でした。そんでもって完投ですからね。
完投能力を持っている先発ほど心強い存在はないんじゃないですか。故障さえなければ、
山口(俊)はそこそこ勝てそうな雰囲気がありますね。



ベイスターズ先発 飯塚 悟史 投手

※画像は2018.4.17付 サンケイスポーツWeb版から引用しました。


5回2/3 78球 被安打5 被本塁打1 与四球2 奪三振4 自責2


飯塚投手の故郷「新潟」での凱旋登板でしたね。勝利投手になって欲しかったなー。


投球内容ですが、地方球場の特性なのかスピードガンの測定が正しくなかった為、
球種の把握に苦慮したので大まかな印象を述べるに留めますが、1回から3回まで
先頭打者を出塁させたり、やや制球に苦しんでいる点があったと思います。
相手打者のインコースも厳しく投げ込めてはいましたが、甘いボールも何球かは
散見されました。


4回あたりから、左打者の外からのスライダー、カーブ、フォークがいい感じで
決まり出しました。3回表のマギーを見逃し三振にしたスライダー、4回表に亀井から
空振り三振を奪ったカーブは特にいいボールだったと思います。


6回表はゲレーロ、マギーとそれぞれ初球を中飛に打ち取って、簡単に二死を取りまし
たが、岡本には1-2と追い込みながら最後フォークが甘くなって左安打を打たれてしまい
ました。岡本を出塁させた場面をもって、マウンドをエスコバーに託しますが、もう少し
投げさせても良かったかなという気がしないでもありません。



飯塚からエスコバーへの継投策

エスコバーが亀井に逆転2ランを打たれましたので、継投策失敗は事実でしょう。
その点の采配に関する適否は言うまでもなく、結果論になるので、何とも言いようが
ありません。6回表二死一塁、打者:亀井を迎えた時点で左のエスコバーを起用する
ことに理解は示せます。ただどうなんでしょうね、先発を70-80球前後で交代させて
救援陣に負担を強いる試合を序盤から展開していて、長いシーズン息切れしないの
かという素朴な疑問はあります。



ショート大和の超華麗な守備が見られた!

今日の試合の収穫は、リリーフの三上、須田がまずまずの好投を見せた事と、
大和の素晴らしい守備が見られたことですね。
9回表一死、坂本(勇)が放った打球は、三遊間を破る安打性の当たりでしたが、
遊撃手の大和が横っ飛びで好捕、しかも、打球を取ってから投げるまでが速い速い。
打者走者の坂本を一塁で楽々とは言わないまでも、間一髪というタイミングでもない
形でアウト。久々に見ごたえのある好守備を見せてもらいまして、今日はこれだけで
気分爽快です。


(了)