マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.4.24 DB × C (4回戦:横浜)

横浜DeNA × 広島 (4回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)今永 (C)中村(祐)
スコア:DB 2-7 C


(責任投手)
勝:中村(祐)(2勝0敗)
敗:今永(0勝1敗)


(バッテリー)
C:中村(祐)、中﨑ー會澤
DB:今永、三嶋、平田、エスコバーー嶺井、戸柱


(本塁打)
C:會澤1号(4回:今永)
DB:


(スターティングメンバー)


 【 CARP 】      【 BayStars 】
(遊)田中      (中)神里
(二)菊池      (遊)大和
(中)丸       (左)筒香
(一)バティスタ   (一)ロペス
(右)鈴木      (三)宮﨑
(左)松山      (捕)嶺井
(三)安部      (右)梶谷
(捕)會澤      (投)今永
(投)中村(祐)   (二)倉本



試合の概況

広島は初回、丸、バティスタの連続適時打で2点を先制。4回には二死から會澤の
ソロ本塁打で追加点。5回には相手の敵失に乗じて4得点を挙げて勝利をものにした。
広島先発の中村(祐)は、2回と6回に満塁のピンチを招くも後続を抑える粘投、
9回にも満塁にしてしまった段階でマウンドを降りるまで、8回1/3を投げて今シーズン
2勝目。DeNAは先発今永の不安定な立ち上がりでの失点、5回表の失策による大量失点、三度満塁のチャンスを得ながら、内野ゴロ間の得点しか奪えない拙攻も響き2連敗で
首位陥落。


という試合でしたね。今年は批判的な記事は書かないので、神里の飛球エラーに
ついてはノーコメです。ただ現状、神里使うなら桑原使ってほしいかな。
なので今日のテーマは今永の投球だけに触れておきます。



ベイスターズ先発 今永 昇太 投手

※画像は2018.4.24付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


5回 88球 被安打8 被本塁打1 与四球3 奪三振4 自責3(失点7)


3月に肩の違和感を起こして調整が出遅れていた今永ですが、本日一軍昇格で
シーズン初先発でした。


初回の立ち上がり、先頭の田中広輔を三振に仕留めた外角低め147kmのストレートが
走っていたので、ボール自体は結構良さそうかなと思っていましたが、
菊池以下、鈴木誠也の四球を挟んで5連打を浴びて2失点。打たれたボールは全て
甘いコース。特に菊池、バティスタ、松山に打たれたボールは、カーブが甘くなった
ものでした。菊池には0-2と追い込んでおきながら、何となくボールを置きに行くように
カーブを甘いところへ投げてライトへ二塁打を打たれてから少々おかしくなりました。


2回以降は一旦、立ち直りましたけども、ストレートが走っていたので、それ中心の
配球。2回には菊池に内角を執拗に投げ込んで空振り三振、4回表は左打者である松山の
インコースを投げ込んで遊飛。この辺まではそれなりに良かったかなと思いますが。


4回は二死から會澤に打たれたソロが余計。146kmストレート。ほぼ真ん中のボールでは
なかったかと思います。
5回の4失点は、今永自らの犠打処理失策もあったので、まあこうなるでしょうね。
先頭の田中に中安打を許したのが始まりですが、この球も甘かったのは確かです。


全体を通して今永の投球を振り返るに、ストレート、右打者へのカットボールは
良かったとは思いますが、制球に難がありましたね。甘い球が多かった。
今永が去年、決して相性が良かったわけではない広島戦を、今期のデビュー戦に
持ってくることもないんじゃないかとは思いました。もう少し調整期間を設ける必要が
あったのかどうか。先発陣「火の車」じゃないんだから、今永の復帰を焦る必要はない。


あとは、TVKテレビ解説者の平松政次さんが指摘していたんですけど、今永の投げ方は
肩に相当な負担をかけるフォームのようで、違和感を生じる元凶らしい。今オフにでも
フォーム矯正した方が良い旨をおっしゃっていました。


今後は筆者がテレビ観戦するにあたり、解説者の言及で「なるほど!」と頷いた内容の
ものは、可能な限り記憶に留めて、当ブログで紹介していきますね。その方が、筆者の
ド素人的能書きよりも余程読者にとって有益だし、筆者が自分で書いた記事を読み返す
際にも貴重な資料となり得るからである。


今日はこんなところですね。試合の勝敗云々はどうでも良いとまでは言わないが、
記事として書く材料があるかないかの基準で今日の試合を振り返ると、内容に乏しく
他に指摘事項はないので、この辺で締めさせて頂きます。


(了)