マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.4.26 DB × C (6回戦:横浜)

横浜DeNA × 広島 (6回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)東 (C)野村
スコア:DB 3-4 C


(責任投手)
勝:ジャクソン(1勝1敗)
敗:山﨑(0勝1敗8S)
S:中﨑(0勝0敗8S)


(バッテリー)
C:野村、アドゥワ、今村、ジャクソン、中﨑ー石原
DB:東、山﨑ー戸柱


(本塁打)
C:エルドレッド4号(9回:山﨑)
DB:宮本2号(1回:野村)


(スターティングメンバー)


 【 CARP 】      【 BayStars 】
(遊)田中      (中)神里
(二)菊池      (二)宮本
(中)丸       (左)筒香
(右)鈴木      (一)ロペス
(左)松山      (三)宮﨑
(一)バティスタ   (捕)戸柱
(三)安部      (右)梶谷
(捕)石原      (投)東
(投)野村      (遊)倉本



試合の概況

3試合連続で初回に先制点を挙げた広島は、以降持ち直したDeNA先発・東を打ちあぐねて追加点を奪えない展開。一方のDeNAは、広島先発・野村の不調に付け込んで、序盤
早々に追いつくも、アドゥワ以下の救援陣から攻略の糸口を見いだせず、3回以降は
ゼロ行進。膠着状態の試合にケリを付けたのは9回表の広島、DeNAクローザー・山﨑
から代打のエルドレッドが中堅バックスクリーンに飛ぶ込む本塁打を放ち決勝点。
接戦をものにした広島は同一カード3連勝。DeNAは2回裏、梶谷の適時二塁打で同点に
追いついたあとの攻撃に精彩を欠き、8回3失点で粘りの投球を見せた東を援護出来ず
4連敗。



試合の感想

立ち上がりこそ3点を失いましたが、2回以降持ち直して8回を投げ切った、ルーキー
東の熱投に心が震える試合でした。2回裏に梶谷の同点適時二塁打が出て、東が送って
一死3塁の好機、ここで勝ち越し点が奪えれば良かったですけどね、倉本と神里が
凡退。4回裏も一死から梶谷が三ゴロ失で出塁して、東が送って二死二塁の好機で
倉本が3-0のカウントから外角のストレートに手を出して一ゴロに倒れた攻撃は
ちょっと勿体ない印象があります。野村が投げているうちに何とかしたかった。
5回からマウンドに上がったカープのアドゥワ、今村、ジャクソン、中﨑らリリーフ陣
は非常にいいボールを投げていたので、攻略は難しかったでしょう。
今回、カープのアドゥワ誠という投手を初めて見ましたが、なかなかいい投手ですね。
ストレートは146km最速でしたが、スピード以上に球威がある感じがしましたし、
縦に変化するスライダーやチェンジアップもかなりの水準にあるように見えました。


3連戦3連敗は残念ですが、まだ4月だし、焦ることはないんじゃないですか。
初スタメンの宮本は本塁打を含む2安打、先発・東の魂のこもった投球など、敗戦の
中からも光明を見出せる点はあるので、それでよろしいかと思っています。
若い選手が公式戦を戦う過程で力を付けて行って、シーズンの大事な時期に今回の
借りを返してくれるのを楽しみに待ちたいと思います。



ベイスターズ先発 東 克樹 投手

※画像は2018.4.26付 スポニチAnnexから引用しました。


8回 115球 被安打9 被本塁打0 与四球2 奪三振11 自責3


「際立つ修正力の高さ」は今回の先発でも健在。
初回はチェンジアップの制球が不安定な点が災いして3点を失い、2回表も
田中、菊池の連打で無死1・3塁のピンチを招き、正直なところ早々と試合を壊して
しまうだろうと覚悟を決めましたが、東が並みのルーキーではない部分は、ここから
本領を発揮します。
3番の丸を捕邪飛に打ち取った145kmストレートは、インコース低めに決まったいい球
でしたし、4番鈴木を空振り三振に仕留めた148km、5番松山を三邪飛に打ち取った
チェンジアップもいい球でした。2回のピンチを0点で切り抜けてからは本来の調子を
取り戻しました。


3回以降は力のあるストレートとチェンジアップが冴えわたり、3回から7回まで
三者凡退。強打の広島打線相手に7回までに10個の三振を奪う快投です。本当に
素晴らしい投球でした。


さらに圧巻だったのは、8回にもマウンドに上がり、やや疲労が見えたか、先頭の丸を
四球で歩かせてしまいますが、鈴木誠也にはフルカウントからチェンジアップを投げ切って三振を奪い、一塁ランナーの丸は盗塁死。三振ゲッツーで二死になりましたが、
一難去ってまた一難の様相。


松山を0-2と追い込んでからの3球目、外角低めのチェンジアップをうまくあわされて
左安打(代走:野間)、バティスタは右2塁打で、二死二三塁のピンチを招いて
しまいます。絶体絶命のピンチですね。ここでもベイズターズベンチは動きません。
東の続投。続く打者は7番の安部。非常に嫌な感じがしましたし、ここで打たれても
しょうがないと思いましたが、全球ストレート勝負で5球目を二ゴロに抑えて、8回を
なんとか投げ切りました。これね、見ていて鳥肌が立ちましたね。東の気迫にシビれ
ました。今日の試合は東の熱投が見られただけで文句はありません。そしてこういう
選手の存在が、確実にチームを強くしてくれると確信しております。



プロ初スタメン起用 宮本 秀明 選手                本塁打を含む2安打の活躍を見せる

※画像は2018.4.26付 デイリースポーツオンラインから引用しました。


初スタメン起用の期待に見事に応えました。
第1打席は、追撃の一打となった右翼席へのソロ本塁打。
第2打席は、ライト前安打。


思ってたよりも強く引っ張れる感じの打者ですね。
それから打席で構えた時の雰囲気が「野武士」みたいで格好いいんだなーこれが。
物凄い風格があるというか、本当にいい雰囲気を持っていますね。
これからの飛躍を楽しみにしております。


ということで、とりあえずこれで記事をアップ致します。
補記事項等があれば、別件で取り上げます。
急いで記述しましたので、誤字脱字等ありましたらご指摘お願い致します。


(了)