マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.5.4 DB × G (6回戦:横浜)

横浜DeNA × 巨人(6回戦) 横浜スタジアム 17:00

先発:(DB)石田 (G)菅野
スコア:DB 0-0 G (延長12回規定により引き分け)


(責任投手)
勝:
敗:
S:


(バッテリー)
G:菅野、カミネロ、マシソン、澤村、宮國ー小林
DB:石田、三上、パットン、山﨑、井納、エスコバー、三嶋、砂田ー嶺井


(本塁打)
G:
DB:


(スターティングメンバー)


 【 GIANTS 】     【 BayStars 】
(遊)坂本(勇)   (右)乙坂
(二)吉川(尚)   (遊)大和
(左)ゲレーロ    (左)筒香
(三)マギー     (一)ロペス
(一)岡本      (三)宮﨑
(右)亀井      (二)宮本
(中)長野      (中)桑原
(捕)小林      (投)石田
(投)菅野      (捕)嶺井



試合の概況

DeNA・石田、巨人・菅野の両先発で始まったこの試合は、両軍の投手陣が踏ん張る
形でお互いに譲らず、延長12回無得点のドローゲーム。巨人は延長突入後全てのイニングで得点圏にランナーを進めるも後が続かず、また、DeNAも延長12回裏に二死一三塁の
チャンスを築くも倉本が凡打に倒れ勝利を引き寄せることが出来なかった。


ということで、新聞のベタ記事のような「試合の概況」が上手く書けない展開ですね。
今年のブログは、ここを上手く書けるようにするのが目標ですが、ちょっとイマイチ
ですな。



試合の感想

ジャイアンツ先発の菅野から点を奪うとするならば、スライダーの制球にやや安定性を
欠いていた初回だったでしょうね。それでも筒香を四球で出した後、4番ロペスを迎えた
段階から、菅野の投球に本来の調子が出てきた感があるので、まあ、今のベイスターズ
打線だったら攻略は無理かなと。
ストレートは常時150km超、縦にえげつなく沈んでいくスライダーを中心に、時折、
シュート系とフォークを交えて行く投球スタイルは、去年(2017年)夏場以降の
菅野とほぼ同様の傾向ですが、どの球種も文句の付けようがない出来。
それよりも投手陣が踏ん張ってドローに持ち込んだ功績を大としたいですね。



ベイスターズ先発 石田 健大 投手

※画像は2018.5.4付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


6回0/3 88球 被安打2 被本塁打0 与四球2 奪三振7 自責0


今年の石田は、ストレートに力があるのがいいですね。去年よりは状態が優れて
いるのは確かだろうと思います。
初回は坂本、吉川(尚)、ゲレーロと3者連続空振り三振という上々の滑り出し。
2年前(2016年)の交流戦(6月某日の対西武戦)で石田が先発した際に、6回まで
好投、途中で5者(6者だったかな)連続三振を奪うなどの快投を披露したことが
あったのですが、それを彷彿とさせるような見事な立ち上がりでした。


ストレートは走っていましたし、スライダーやチェンジアップの制球、キレも申し分
なかったので、安心して見ていられました。とにかく相手が菅野だから、絶対に
先制点を許してはならない展開で、100点満点の投球だったと思います。


特に素晴らしかったのは6回表の投球で、二死三塁でゲレーロを迎えた場面。
カウント2-2からの5球目、インハイの142kmストレートで空三振を奪ったボールは
お見事でした。筆者は最後は、3球目に空振りを取った外角のチェンジアップで
来るものと思ていましたが、嶺井の要求はインハイ。そこに力のあるストレートを
正確に投げ込んだ石田も大したものですが、嶺井も強気でしたね。


今日はこんなところで締めたいと思います。他に話題は見当たりません。
ベイスターズは、4月21日のヤクルト戦(神宮)から内容の良くない試合が続いて
いますけどね、投手陣が奮闘しているとはいえ、中継ぎの酷使は目に覆うばかり。
まあ心配は尽きませんが、一ファンに過ぎない筆者は、チームの流れがいい方に
向かうのを願うのみです。


(了)