マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.5.6 DB × G (8回戦:横浜)

横浜DeNA × 巨人(8回戦) 横浜スタジアム 13:00

先発:(DB)京山 (G)野上
スコア:DB 12-8 G 


(責任投手)
勝:京山(4勝1敗)
敗:野上(3勝2敗)
S:


(バッテリー)
G:野上、篠原、中川、田原、宮國ー小林、大城
DB:京山、エスコバー、井納、パットン、山﨑ー嶺井


(本塁打)
G:ゲレーロ6号(4回:京山)7号②(6回:京山)阿部1号(6回:京山)
  坂本勇3号(9回:山﨑)
DB:ロペス9号②(1回:野上) ソト1号(3回:野上)


(スターティングメンバー)


 【 GIANTS 】     【 BayStars 】
(遊)坂本(勇)   (中)桑原
(二)吉川(尚)   (右)ソト
(左)ゲレーロ    (左)筒香
(一)阿部      (一)ロペス
(三)岡本      (三)宮﨑
(右)亀井      (二)倉本
(中)長野      (遊)大和
(捕)小林      (投)京山
(投)野上      (捕)嶺井



今日もAbemaでの観戦です。



試合の概況

両軍合わせて29安打が飛び交う乱打戦を制したDeNAは初回、ソト、筒香の連続
適時打に加え、ロペスの2点本塁打で4点を先制。3回には打者一巡の猛攻で5点を追加、
以降も攻撃の手を緩めず合計12得点の大勝で勝率5割に復帰。
巨人は4本の本塁打等で追い上げるも、先発・野上、2番手・篠原の乱調による序盤の
大量失点が響いての敗戦となった。



試合の感想

これだけ打線がつながるのも、横浜スタジアムで勝利を納めるのも久しぶりの
事なので、まあ、面白く試合を拝見させて頂きました。巨人先発の野上は、過去2試合
内容のある投球を見せている印象があったので、本調子の投球をされたら厄介だなと
思っていましたが、よもやの乱調気味で打線爆発と相成り、勝てて良かったです。
これで今カード成績は、1勝1敗1分。巨人の表ローテ(菅野、田口、野上)相手の
結果なので御の字でしょう。



ベイスターズ先発 京山 将弥 投手

※画像は2018.5.6付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


5回1/3 103球 被安打8 被本塁打3 与四球1 奪三振2 自責5


初回は打者3人を全て内野ゴロに打ち取る上々の立ち上がりでした。ストレートも
低めに集まっていましたが、2回以降は、変化球が逆球になるというか、捕手が
構えたところとは違う方向に投げてしまうケースが目立ちました。無駄な四球を
出さなかった点は評価しますが、細かい制球に課題が出てしまったマウンドだった
と思います。ゲレーロに打たれた2本の本塁打、阿部に打たれた本塁打も変化球が
甘いところへ入ってしまいました。5回終了時点で8点差ありましたから、できれば
6回までは投げ切ってほしかったところです。


その6回のマウンドも、吉川尚輝から空振り三振を奪った、133kmひざ元に沈んでいく
スライダーはいいボールでしたけどね。直後のゲレーロ、阿部の連続アーチ、岡本の
左安打の場面は慎重さや集中力を欠いたような投球になってしまったのは残念。


ただ今日は打線の援護があったとはいえ4勝目をマークし、落ち着いたマウンドさばき
は相変わらず、相手を臆するような雰囲気もありませんので、これからも着実に成長を
遂げて行く事を期待しております。



絶好調ロペス4安打3打点 

※画像は2018.5.6付 デイリースポーツオンラインから引用しました。


前日まで沈みがちだったベイスターズ打線でも一人気を吐いていたロペスですが、
今日も絶好調の打撃で4安打3打点。
初回の第一打席は、一塁に筒香を置いた場面で、カウント2-2からの5球目を打って、
打球は左翼ポール際へ飛び込む当たり。一度は本塁打判定も、巨人側のリクエストで
ファール判定に覆ります。しかし、打ち直しの6球目を叩いて、今度は文句なしの
レフト側ベイスターズ応援席に吸い込まれる2点本塁打。これはね、まさか打ち直しの
ボールでホームランになるとは思いませんでしたので、本当にうれしかったですね。
Niceバッティングでした。



本日1軍昇格 即2番スタメン起用に応えたネフタリ・ソト選手

※画像は2018.5.6付 デイリースポーツオンラインから引用しました。


1軍では初出場(?)だったと思いますが、いきなり結果を出してくれましたね。


第1打席は先制点となるレフトへの適時二塁打。
第2打席はセンタースコアボード直撃のソロ本塁打。


ここ数試合、お通夜みたいに湿りがちだったベイスターズ打線に火を付けた功績は
デカいです。初スタメンでいい仕事をしてくれました。ソト選手、ヒロインの
受け答えや、試合前の子供ファンへのサインなど、行動の端々に「ナイスガイ」な
性格がにじみ出ていて非常に宜しいですね。


試合前は「ソトをスタメン起用するのは良いが、2番はねえだろ!」と筆者は思い
ましたが、ラミレス采配が的中しました。
まだ1試合だけの打撃結果で判断するのは早計でしょうが、素人目でも打球に力強さが
あるのが良いです。これから面白い存在となることを期待しています。



Family Ballpark 2018

今回の3連戦では、試合終了後のイベントにファン参加の「謎解き入団トライアウト」が
あるんですね。今日は快勝なのでイベントもさらに盛り上がりを見せるでしょう。
筆者もこれは遊んでみたい。リアルスターマンと握手がしたいぞ!


(了)