マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.5.11 DB × S (6回戦:横浜)

横浜DeNA × 東京ヤクルト(6回戦) 横浜スタジアム 18:00
先発:(DB)石田 (S)ブキャナン
スコア:DB 3-7 S


(責任投手)
勝:ブキャナン(4勝1敗)
敗:石田(1勝3敗)
S:


(バッテリー)
S:ブキャナン、中尾、近藤、石山ー中村
DB:石田、三嶋、エスコバー、パットン、砂田ー嶺井


(本塁打)
S:バレンティン12号②(1回:石田) 山田(哲)10号(3回:石田)
DB:ソト2号(6回:ブキャナン)


(スターティングメンバー)


  【 Swallows 】     【 BayStars 】
(二)山田(哲)   (中)桑原
(遊)西浦      (右)ソト
(中)青木      (左)筒香
(左)バレンティン  (一)ロペス
(一)坂口      (三)宮﨑
(三)大引      (二)倉本
(右)雄平      (捕)嶺井
(捕)中村      (投)石田
(投)ブキャナン   (遊)大和



試合の概況

初回にバレンティンの2点本塁打で先制をしたヤクルトは、3回に山田(哲)のソロ
本塁打、7回に坂口の適時打で追加点。さらに9回には満塁から雄平の走者一掃適時
二塁打で3点を加え、終始試合を優位に進めての勝利。先発のブキャナンは、毎回
走者を許しながらも要所を抑える投球で4勝目。対するDeNAは、7回まで毎回走者を
出しながらもあと一本が出ない展開。ソトのソロ本塁打と2点適時打で3点をあげ、
一時は1点差まで詰め寄るが、救援のパットンがダメ押し点を許した段階で勝負あり。
敗戦で再び借金を1とした。
(この試合の概況を上手く書きたいのだが、無理だな。難しいわ。)



試合の感想

ベイスターズの攻撃よりもスワローズの攻撃を見ている時間が圧倒的に長かったような
気がします。なのでゲーム全体の流れも悪かったですね。
スワローズ先発のブキャナンは、本調子とは程遠い投球内容でした。低めへの
コントロールに難がありましたが、要所ではいいボールがきていたので、ベイスターズ
としてはもう一本が出にくい状況だったと思います。カットやツーシーム系のボールは
捉えづらいので致し方ないんじゃないですか。


あとは7回表、二死1塁(一塁ランナー西浦=今日は4安打だったっけ?)
の場面、打者は坂口、マウンドは三嶋だったですけど、カウントを3-2にしたのは
痛かったですね。ランナーATスタートになるので。最後に右前打を打たれて、
西浦をホームまで返して4点目を献上。この点の取られ方がちょっと残念でしたし、
これで勝負あったかなと筆者は思いました。



ベイスターズ先発 石田 健大 投手

※画像は2018.5.11付 サンケイスポーツWEB版より引用しました。


5回2/3 106球 被安打6 被本塁打2 与四死球4 奪三振2 自責3


ストレートの走りは悪くなかったと思いますが、スライダー、カーブ、チェンジアップ
といった変化球の制球に終始苦慮したマウンドだったと思います。
バレの先制2ラン(レフト場外まで飛んでいった!)3回は山田哲人のバックスクリーン
直撃弾もいずれもスライダーがど真ん中に入ったボールです。本塁打のある打者に
対する投球に、慎重さを欠いたきらいが見えます。


あとは、4回表、6回表にそれぞれ中村に出塁を許した後で、投手のブキャナンに
初球を簡単に犠打を許してしまったケースは気になりました。


今日はこんなところかな。他に書くことは有りません。


(了)