マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.5.12 DB × S (7回戦:横浜)

横浜DeNA × 東京ヤクルト(7回戦) 横浜スタジアム 14:00

先発:(DB)濵口 (S)由規
スコア:DB 5-6 S (延長11回)


(責任投手)
勝:松岡(1勝0敗)
敗:砂田(0勝1敗)
S:


(バッテリー)
S:由規、風張、秋吉、中尾、近藤、石山、松岡ー中村
DB:濵口、三上、エスコバー、井納、山﨑、パットン、砂田ー髙城、嶺井


(本塁打)
S:
DB:ロペス10号③(4回:由規) 宮﨑4号(4回:由規)


(スターティングメンバー)


   【 Swallows 】     【 BayStars 】
(二)山田(哲)   (中)神里
(遊)西浦      (右)ソト
(中)青木      (左)筒香
(左)バレンティン  (一)ロペス
(一)坂口      (三)宮﨑
(三)大引      (二)倉本
(右)雄平      (捕)髙城
(捕)中村      (投)濵口
(投)由規      (遊)大和



試合の概況

ヤクルトは初回、先頭の山田(哲)が放った中越え二塁打を足がかりに、青木の
右前適時打、坂口の右中2点適時打で3点を先取し、前日に引き続いての鮮やかな
先制攻撃。DeNAは4回、3回まで好投を続けていたヤクルト先発・由規の突然の
乱調に付け入り、ロペスの3点本塁打で同点、宮﨑の勝ち越しソロ本塁打、大和の
中前適時打で一旦は逆転するが、先発の濱口が5回表に大引の適時打等で同点を
許す展開に。以降は両軍の救援陣が好投を見せ、両者譲らずに延長戦へ突入。
しかし、11回表にマウンドに上がった砂田が先頭の中村に四球を出し、以後、
犠打、申告敬遠、遊ゴ失で満塁のピンチを招き、3番・青木にフルカウントから
ファールで粘られた末に痛恨の押し出しを献上して決勝点。
延長10回から2イニング、無安打無得点に抑え切ったヤクルト・松岡は2年ぶりの
勝利をマーク。DeNAは由規から代った風張ほか6名のヤクルト救援陣を攻略出来ず、
当カード2連敗。


4回裏 一時は勝ち越しとなるソロ本塁打を放った宮﨑
(※画像は2018.5.12付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。)



試合の感想

今季初先発の濱口については、故障明けという事で大して期待はしておりませんでした。
好調なヤクルト打線に加え、もともと制球に難のある投手ですので、今日の投球内容に
関しては、まあこんなものかなと。


スワローズ先発の由規は、1回から3回まで、ストレートは最速142km程度も、縦横2種類のスライダーを低めに丁寧に集め制球力があったので、ゲーム中盤まで点を取るのは
難しいかなと思っておりました。なので4回の突然の乱調は想定外でした。実際に4回の
由規は甘いボールが急に増えてきましたからね。ロペスの3ランは、ど真ん中に近い
ストレート、宮﨑のソロも真っ直ぐじゃなかったでしょうか。大和のタイムリーも
初球でしたがストレートがシュート回転した甘めのボールです。


由規を交代させたまでは良かったですが、それ以降マウンドに上がったスワローズの
ブルペン陣、風張、秋吉、中尾、近藤、石山、松岡は、結構いいボールを投げて
いたので勝ち越し点を奪う展開までは行きませんでした。


延長11回表は、一死一二塁で迎えた打者・西浦の場面、ショートへのハーフライナー
気味の打球を、遊撃手の大和が併殺を狙って一旦待った形で捕球をしようとしたが、
結果ゴロとしても処理できず打球を後ろに逸らした失策で満塁のピンチ。
この大和の失策は確かに悔やまれる事例ですが、やはりこの回からマウンドに上がった
砂田が、先頭の中村を簡単に四球で歩かせたことが敗因として大きなウェイトを
占めるだろうと思います。先頭打者の四球は高い確率で得点に結び付きますから。



ベイスターズ先発 濱口 遥大 投手

5回 98球 被安打7 被本塁打0 与四死球5 奪三振4 自責点5


故障で出遅れた関係で、本日が今シーズン初先発。
初回いきなり山田哲人に初球のストレートを狙われて、センターオーバー二塁打。
もうちょっとでバックスクリーン直撃になりそうな当たり。
初回は結局、青木の適時打と坂口の2点適時打で早々と3点の先制点を献上しました。
ストレートは最速147kmで本来の球威はあったと思いますが、低めに投げることを
意識し過ぎたのかチェンジアップも含めて制球が定まりませんでした。
坂口に対しては、3-1とカウントを苦しくして、ストレートを真ん中に投げてしまって
打たれてしまいました。


3回表からはカーブもうまく使いだして、4回もまずまずの投球を見せていましたが、
味方が逆転した後の5回表ですね。青木を中安打、バレンティンを四球で出して
同点に追いつかれる素地をつくってしまったのが拙かった。結果トータルで5失点。
濵口の持ち味であるチェンジアップの精度が戻ってこないと投球は必然的に苦しく
ならざるをえないでしょうね。来週からベイスターズも6連戦続きなので、一旦抹消
とか悠長な事は言っていられないので、次回は巨人戦での先発があるでしょうが、
それまでに課題が修正されるかどうかに注目です。



坂口問題

(※画像は2018.5.12付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。)


筆者はベイスターズファンだが、ヤクルトは2番目に好きなチームであり、
怪我で苦しみバファローズを自由契約となってもヤクルトで復活を果たした坂口選手の
ファンでもあるので、坂口の活躍は大いに結構でありますが、ただね、去年から
横浜スタジアムでよく打たれている印象がありますね。きのうも決勝になる適時打と
今日は3安打2打点。同じ選手に何度も手痛く打たれるケースが目立つので、
もうちょっと何とかならんかなーという気が致します。


(了)