マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.5.15 T × DB (5回戦:甲子園)

阪神 × 横浜DeNA(5回戦) 阪神甲子園球場 18:00

先発:(T)メッセンジャー (DB)飯塚
スコア:T 2-1 DB


(責任投手)
勝:メッセンジャー(6勝2敗)
敗:飯塚(0勝3敗)
S:ドリス(0勝1敗12S)


(バッテリー)
DB:飯塚、エスコバー、三嶋ー嶺井、髙城
T:メッセンジャー、ドリスー梅野


(本塁打)
DB:桑原2号(9回:メッセンジャー)
T:


(スターティングメンバー)


  【BayStars】        【 Tigers 】
(中)神里      (中)江越
(右)ソト      (遊)植田
(一)ロペス     (右)糸井
(左)筒香      (左)福留
(三)宮﨑      (一)ロサリオ
(二)倉本      (三)糸原
(捕)嶺井      (二)板山
(投)飯塚      (捕)梅野
(遊)大和      (投)メッセンジャー


視聴局:NHK-BS1



試合の概況

阪神・メッセンジャー、DeNA・飯塚と両先発の好投が実り、ゲームは投手戦の
様相を呈したが、均衡が破れたのは6回裏タイガースの攻撃。
糸井の二塁打と福留の四球などで二死満塁の好機をつくり、代打の原口が、
DeNA2番手のエスコバーから左前2点適時打を放ち、これが決勝点。チームの連敗を
4で止めた。先発したメッセンジャーは、9回途中まで桑原のソロ本塁打による1失点
のみに抑える力投で6勝目。DeNA先発・飯塚も好投を見せたが、またもや打線の援護に
恵まれず勝ち星なしの3敗目を喫した。



試合の感想

タイガース先発のメッセンジャーが非常にいい投球をしたので、ベイスターズ打線が
全くと言っていいほど打てずに負けてしまうのは、まあ、仕方がないと思います。
しかし、3回表に、飯塚と大和の連続安打で一死一二塁の場面をつくった段階で、
打席が回ってきた神里を普通に打たせて遊ゴロ併殺に倒れたのは戴けませんね。
結果論になりますけど、メッセンジャーから神里が安打を放つ可能性は絶無に等しい
ので、ここは送らせるべきではなかったかと。二死二三塁のチャンスを設けて、
打撃好調の2番・ソトにつなげる攻撃をしたかったところ。もちろんソトが適時打を
打つ可能性もそう高くは無かったはずだが、とりあえずは、得点圏にランナーを
進めて調子のよい打者へ回していくというお膳たてをして欲しかったと思います。



ベイスターズ先発 飯塚 悟史 投手

※画像は2018.5.15付 デイリースポーツオンラインから引用しました。


5回2/3 100球 被安打5 被本塁打0 奪三振6 与四球3 自責点2


今日は全体的に、ストレートも変化球も素晴らしい出来だったと思います。
制球力も問題なく、今季から力を入れてきたカーブも良かったし、左打者の外から
入ってくるカットボールのキレが特に秀でていました。
6回裏は、先頭の植田を空振り三振にしたまでは良かったが、糸井の二塁打、福留に
与えた四球の段階から疲労が見え始めましたかね。ロサリオを右飛に打ち取って
二死まで持って行きましたけど、糸原の初球、119kmのカーブは甘くて長打に
されてもおかしくない球でした。結局、糸原も歩かせて二死満塁になった段階で
マウンドをエスコバーに譲ります。ちょうど100球、限界点でしょう。


残念ながら敗戦投手になってしまいましたが、投球内容に関しては充分合格点です。
飯塚が先発する際は、相手の先発も状態が良く、打線の援護に恵まれないのが
気の毒ではあります。



永遠の不発弾 筒香

※画像は2018.5.15付 ニッカンスポーツ.comから引用しました。


今季初の4番に座るも、一塁の内野安打1本のみ。
インハイのボールに全く手が出ないというのは、去年の不調時と同様。
だから「いつか見た光景」なので全く驚きはありません。


打撃の調子がなかなか上がってこない事に加え、相手はエース級だから、
簡単には打てないだろうし、凡打や三振も仕方がないと思います。
だけど、筒香の打席からは「オレの打撃でなんとかしてやる!」という気迫が
全く見えてこないのが残念ですね。筆者が勝手にそう思っているだけかも
知れませんが。


(了)