マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.5.19 G × DB (10回戦:東京ドーム)

巨人 × 横浜DeNA(10回戦) 東京ドーム 14:00

先発:(G)田口 (DB)濵口
スコア:G 1-5 DB


(責任投手)
勝:エスコバー(1勝1敗)
敗:田口(2勝3敗)
S:


(バッテリー)
DB:濵口、武藤、三嶋、エスコバー、三上、山﨑ー髙城
G:田口、宮國、上原、田原ー大城


(本塁打)
DB:筒香8号②(1回:田口)
G:


(スターティングメンバー)


  【BayStars】        【 Giants 】
(中)梶谷      (遊)坂本(勇)
(右)ソト      (二)吉川(尚)
(一)ロペス     (左)ゲレーロ
(左)筒香      (三)マギー
(三)宮﨑      (一)岡本
(二)田中(浩)   (右)亀井
(捕)髙城      (中)長野
(投)濵口      (捕)大城
(遊)大和      (投)田口



1回表、先制の8号ツーランを左翼席に叩き込む筒香
※画像は2018.5.19付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

筒香の2試合連続となる2点本塁打で先制をしたDeNAは、7回にロペスの左犠飛で
追加点をあげ、9回には二死一二塁から宮﨑の2点適時打で突き放し、4回でマウンド
を降りた先発・濱口の後を受けたリリーフ陣が巨人の反撃を許さずに逃げ切り勝利。
勝率を再び5割に戻し3位浮上。巨人は再三の好機を得ながら、あと一本が出ない展開。
4回裏、マギーの適時二塁打で1点を返すに留まった。



梶谷4安打

※たぶん去年の画像です。


本日の梶谷 打撃成績 一ゴロ 右安打 中二塁打 右二塁打 右安打
5打数4安打


きのうから1番センターで出場していますが、連日の活躍で筆者も大変にうれしい
限りです。梶谷が打つと筆者のテンションが上がる、それは桑原や神里の比では
ない。やはりベイスターズには梶谷が常時名を連ねる形じゃないと、面白さが半減
します。以前、梶谷は1番という打順は大嫌いと言っていましたが、外野のレギュラー
争いが熾烈になって、そんなこと言っている場合じゃないですね。
開幕から1番打者が固定できない中で、まだ2試合とはいえ、梶谷がピタリとハマり
つつあるのは大きい。長打も打てるし、足もある。去年のように気のないスイングで
三振をする場面はまだ見ていませんし、四球を選んででも出塁していく姿勢も見て
取れます。梶谷は三振数の多さだけがクローズアップされますが、去年も65個の
四死球を記録していて、確か筒香に続いて2番目に多い四球数でした。なので、1番
打者としての適格はある方だと思います。
今日の試合では、3回表に右安打で出塁した後、ソトの中飛で2塁へタッチアップしたり、9回には盗塁も決めて、機動力の高さは相変わらず。しばらく梶谷の1番固定で
いいでしょう。怪我と夏場の激やせが心配ですが、今後の活躍を大いに期待したいと
思います。



ベイスターズ先発 濵口 遥大 投手

4回 89球 被安打2 被本塁打0 与四球4 奪三振5 自責1


今季2試合目の先発。4回でマウンドを降りたのは、田口の一ゴロでベースカバーに
入った際に、足を少々痛めたらしいですが、大事には至らない模様。
今回の投球を見た限りでは、良かったのか悪かったのか判定が難しいですね。
前回のヤクルト戦では初回の立ち上がりが拙かったので、懸念するところはその点。
案の定というか、先頭の坂本勇に四球を出したから、なんとなくヤバい感じはしました
けども、2番の吉川尚が犠打でアウトが一つ取れて、多少落ち着きを取り戻したよう
でした。ゲレーロを得意のチェンジアップで空振り三振、マギーを三ゴロに打ち取って
初回を無失点で切り抜けて、2回3回も四球を一つ出しただけで、まずまずの投球を
見せました。4回は制球が乱れて、ゲレーロとマギーの連続2塁打で1失点。その流れで
ビッグイニングをつくられそうな予感がありましたが、以降、一死満塁で打線が
8番、9番だったから助かりました。
今日は変化球の比率が多かったですね。ストレートは最速で147km、
平均だと140そこそこのボールが散見されたのが気になりました。濱口本来の球威とは
程遠い感じです。



ベイスターズ2番手 武藤 祐太 投手

1回 11球 被安打0 被本塁打0 与四球0 奪三振1 自責0


きのうの試合で、阿部に2点適時打を打たれて直ぐの登板。意地を見せた投球でした。


坂本勇 左飛
吉川尚 空振り三振
ゲレーロ 右飛


今日は、変化球が低めに集まっていました。シュートが得意のイメージでしたが、
フォークボールもいいですね。吉川を三振にした球はフォークボールでした。
中継ぎとして面白い存在になるかも知れません。武藤は29歳・8年目のシーズン。
去年オフに中日を自由契約、新天地のベイスターズで再スタート。
今年一年が選手生命を賭けた闘いになるでしょうから、いい結果が残せることを
願いたいと思います。


(了)