マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.5.20 G × DB (11回戦:東京ドーム)

巨人 × 横浜DeNA(11回戦) 東京ドーム 14:00

先発:(G)野上 (DB)ウィーランド
スコア:G 2-10 DB


(責任投手)
勝:ウィーランド(1勝2敗)
敗:野上(4勝3敗)
S:


(バッテリー)
DB:ウィーランド、武藤、エスコバー、井納ー嶺井
G:野上、宮國、中川、田原ー小林、大城


(本塁打)
DB:筒香9号②(1回:野上)10号(4回:野上)11号(9回:田原)
梶谷3号②(5回:野上)ロペス14号(7回:宮國)宮﨑7号(9回:田原)
G:長野2号(5回:ウィーランド)岡本8号(9回:井納)


(スターティングメンバー)


  【BayStars】        【 Giants 】
(中)梶谷      (遊)坂本(勇)
(右)ソト      (二)吉川(尚)
(一)ロペス     (左)ゲレーロ
(左)筒香      (一)阿部
(三)宮﨑      (三)岡本
(二)倉本      (右)亀井
(捕)嶺井      (中)長野
(投)ウィーランド  (捕)小林
(遊)大和      (投)野上



初回、先制の9号二点本塁打を放つ筒香
※画像は2018.5.20付サンケイスポーツWeb版から引用しました。


5回、追加点となる2点本塁打を放った梶谷
※画像は2018.5.20付サンケイスポーツWeb版から引用しました。



試合の概況

6本塁打10得点をあげたDeNAが大勝で今カード勝ち越し。4番・筒香は、3試合連続の
先制2点本塁打を含め4安打4打点の活躍で、1試合3本塁打は自身初の快挙。1番に入り
俄然好調の梶谷も2安打3打点と打線を勢い付けた。約2週間ぶりの先発となったウィー
ランドは、5回2/3を投げ、7安打されながらも1失点に抑える粘投で今季初勝利。
巨人は、本拠地東京ドームでは抜群の相性を誇る先発・野上が、序盤からDeNAの一発
攻勢に沈む想定外の展開。打線も長野と岡本のソロ本塁打で挙げた2得点のみ。



試合の感想

試合の概況に書いた通りの展開で、文句の付けようがない試合、快勝です。
筒香の2打席目のホームランは、どこまで飛んで行ったんだ?あれは凄い打球でした。
5回に飛び出した梶谷の2ランも、ライナー系の打球で素晴らしい当たり。
梶谷が1番に入って、2番ソト、ロペス、筒香、宮﨑のクリーンアップまで、強力なメンバーがようやく揃い、これで2018年型ベイスターズ打線が固まりました。もちろん打撃は水物なので、いつも今回みたいに打ちまくれるとは思いませんが、淡白な打席が影を潜めた梶谷、今のところ大きな弱点が見当たらないソトが1・2番を打つ打線は、相手にとって結構なプレッシャーを与えられそうです。
現状、ビジターゲームでの勝率はいいですが、地元・横浜スタジアムでの星勘定が良く
ないので、打線が活発に機能して、早めに挽回して欲しいですね。



ベイスターズ先発 ウィーランド投手

5回2/3 102球 被安打7 被本塁打1 与四球0 奪三振7 自責1


本日、パットンと入れ代わって1軍昇格。5月5日(対巨人:横浜)以来の先発登板。
前回の先発では、味方の拙守もあって敗戦しましたけど、全体的にボールが真ん中へ
集まる傾向にありました。その時に比べれば制球は良く、甘い球は少なかったように
思います。久々の1軍先発ということもあり、立ち上がりを不安視しましたが、初回は
ストレート中心の投球。スピードガン表示は本来のウィーランドにしては物足りなさを
示したが、球威は問題なかった感じです。ゲレーロに二塁打を打たれた他は、先頭の
坂本(勇)をはじめ、吉川(尚)、阿部と3者とも空振り三振に抑える内容。初回を
スムーズに乗り切ったのが6回途中、1失点という好投につながったと思います。
2回以降は、カーブやチェンジアップも交えながらの投球。巨人の各打者も狙い球と
タイミングを図りかねたようで、ゴロアウトと三振が目立ちました。4回の阿部に
対する投球では、4球続けてカーブを投げたりと、配球が面白かったですね。
6回裏はやや球威と制球力が衰えたか、二死から岡本と亀井に連打を許し、前打席で
本塁打を打たれている長野を迎えたところで交代。
この時点では4点差がありましたので、もう少し、6回終了までは続投で良かったと
思いますが、100球超えていたので交代も已む無しかなとも思います。
ですが、約2週間ぶりの先発で、まずまずの投球を見せてくれたので、次の先発登板も
楽しみです。


(了)