マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.5.22 DB × D (7回戦:横浜)

横浜DeNA × 中日(7回戦) 横浜スタジアム 17:45
先発:(DB)飯塚 (D)山井
スコア:DB 0-8 D 


(責任投手)
勝:山井(1勝0敗)
敗:飯塚(0勝4敗)
S:


(バッテリー)
D:山井ー松井(雅)
DB:飯塚、井納、三嶋、砂田ー髙城、戸柱
  
(本塁打)
D:ビシエド6号(2回:飯塚)大島2号②(3回:飯塚)3号(5回:飯塚)
  平田3号②(9回:砂田)
DB:


(スターティングメンバー)


  【 Dragons 】       【 BayStars 】
(遊)京田      (中)梶谷
(中)大島      (右)ソト
(左)アルモンテ   (一)ロペス
(一)ビシエド    (左)筒香
(右)モヤ      (三)宮﨑
(三)福田      (二)倉本
(二)亀澤      (捕)髙城
(捕)松井(雅)   (投)飯塚
(投)山井      (遊)大和



試合の概況

中日は2回、ビシエドの6号ソロ本塁打で先制、以降、大島の2打席連続本塁打などで
得点を重ねて8対0の大勝。今季初先発の山井は、DeNA打線を散発4安打無失点に
抑える好投で、4年ぶりの完封勝利。



試合の感想

中日先発の山井が良かったです。ストレートは145-6km、スライダー、カーブ、
フォークも低めの厳しいところにしっかりと投げ込めていましたので、横浜打線が
打ち崩すのは難しかっただろうと思います。対照的にベイスターズの飯塚は、制球に
甘さが出て、それを本塁打にされてしまって失点を重ねた感じです。他に言いようが
ありません。「何で山井を打てないの?」とバカにしてはダメで、実際に素晴らしい
ボールを投げていた。そして山井ならこのくらいの投球を見せても不思議でも何でも
ありません。



ベイスターズ先発 飯塚 悟史 投手

※画像は2018.5.22付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


5回 83球 被安打8 被本塁打3 与四球1 奪三振2 自責4


初回は3者凡退に抑えましたけど、捕手の構えた所とは違ったところへ投げるケースが
少なくなかったので、制球に苦慮するマウンドになるのだろうとは思っていました。
ストレートは球速以上に力があるように見えましたが、制球が雑。スライダーも甘い
ボールが多かったですね。左打者の外角低めへ落ちていく、シュート回転するフォーク
は良かったですけど、そこに至るまでの過程の中で甘い球が多く、手痛い長打を浴びる
という結果に終わりました。ビシエドのソロ本塁打は、スライダーが真ん中に入った
ボール、大島の2ランもスライダーの甘い球、さらに2打席連続となる大島のソロ本塁打は、2-1からの4球目かな、ストレートが真ん中高めに入ったものです。


全体的に制球が悪く甘い球が多かったので、こういう結果に終わるのは仕方がない
ですね。高校出てプロに入って4年目だから、まだ細かい制球力云々するのは酷であろう。しかし、球威で圧していくスタイルではない投手なので、制球力に磨きをかけるのは
必修。もう1-2年はかかるかも知れませんね。いずれ素晴らしい投手に成長するのは
間違いないと思うので、気長に待ちたいと思います。



ソトの外野(右翼)守備

当初から気になっていましたが、今日の試合も7回に京田の右安打の処理にもたつく場面があり、2塁を陥れられました。クッションボールの処理なんかでもそうですが、動きが
緩慢なように見えます。打つ方は確かに素晴らしいですが、そのメリットと、守備の拙さ
によるデメリットを比較したら、どうなのかなと。データとして可視化するのは難しい
ので何とも言えませんが、ソトがライトを守っていることによって、ライトに飛んだ
安打性の打球は、とにかく「先の塁へ」という意識を他球団に持たれたら、嫌だなと
思います。



筒香問題

第一打席から 中飛 三飛 捕邪飛、中飛


先日の巨人戦で1試合3本の本塁打を打ったから「これから量産体制か?」とする
新聞スポーツ面の論調もありましたけど、あの日に打った球は、どれも甘いコースで
球威のないボール。今日なんかは山井が投げたインコースのボールに対処し切れて
いませんから、やはり厳しいところに投げられてしまうと、そう簡単に打てない
時期はまたやってくると思いますね。


ということで、一旦これでアップします。まとまりのない文章で失礼。
いろいろと書いたり、消したり、悩んだ末にこういう記事になった。
書きたいことを全て載せてはいないが、今年は表立った批判はやらないことに
しているので、ほどほどのところでアップする。本音をいうと、筒香なんかは
ボロクソにこき下ろしたいのだが、まあ、止めておきましょう。毒を吐いたところで
後味が悪くなるだけだし、筒香の本塁打が増えるわけでもありませんから。


(了)