マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.5.24 DB × D (8回戦:横浜)

横浜DeNA × 中日(8回戦) 横浜スタジアム 17:45

先発:(DB)東 (D)吉見
スコア:DB 3-2 D 


(責任投手)
勝:東(4勝2敗)
敗:吉見(1勝1敗)
S:山﨑(0勝1敗11S)


(バッテリー)
D:吉見、祖父江ー松井(雅)、大野(奨)
DB:東、エスコバー、三上、山﨑ー髙城
  
(本塁打)
D:大島4号(3回:東)
DB:ロペス15号②(3回:吉見) 筒香12号(3回:吉見)


(スターティングメンバー)


  【 Dragons 】       【 BayStars 】
(遊)京田      (中)梶谷
(中)大島      (右)ソト
(左)アルモンテ   (一)ロペス
(一)ビシエド    (左)筒香
(右)平田      (三)宮﨑
(三)福田      (二)倉本
(二)阿部      (捕)髙城
(捕)松井(雅)   (投)東
(投)吉見      (遊)大和



試合の概況

2点を追うDeNAは3回裏、ロペスの2点本塁打、筒香のソロ本塁打で逆転。
1点のリードを4投手の継投で逃げ切り辛勝。貯金を1に戻した。先発の東は
6回を2失点にまとめる投球で4勝目。筒香はプロ通算150号を達成。



バナナン王子 東 投手 6回2失点の投球で4勝目

※画像は2018.5.24付 デイリースポーツオンラインから引用しました。


6回 100球 被安打8 被本塁打1 与四球0 奪三振4 自責2


チェンジの合間に、ベンチでバナナをモゴモゴ食べることで有名となった東投手
ですが、筆者は勝手に「バナナン王子」と命名しました。


異論は多々あると思いますが、筆者は今後、東の事を「バナナン王子」と言わせて
もらいます。


さて今回の投球ですが、変化球は甘いボールが多かったものの、ストレートがいつも
通り走っていました。打たれた8安打のうち、変化球を打たれたのが6本、ストレートを
安打されたのは、初回の大島と平田の打席だけです。



ベイスターズ3番手 三上 朋也 投手

※画像は2018.5.24付 サンケイスポーツWeb版から引用しました。


8回表に登板 2安打されるも無得点。
今年の三上は、スライダーが高めに抜ける球がほとんどなく(少なくとも筆者は
2-3球しか見ていない)安定感抜群で良いですね。今回の登板も、平田とモヤに
ヒットを許しましたが、まあ、点を取られることはないだろうと安心してみていました。
外国人枠の都合でパットンがファームへ降りても、その埋め合わせは三上が果たして
くれそうです。



続・筒香問題

※画像は2018.5.24付 サンケイスポーツWeb版から引用しました。


150号メモリアルの件はともかくとして、打ったボールはインコース・ベルト付近の
スライダー。現状の筒香が本塁打出来るのは、インコース・ベルト付近と外角の
真ん中から高めのコースの変化球。よって、吉見の失投と言えば失投。筒香のひざ元
に投げたかったと思われます。
8回裏には遊ゴロ併殺打を打っていますが、祖父江が投げた外角低めのストレート。
おそらく、インハイとアウトローを速い球で攻め込まれたら、筒香は安打にすること
も今の調子では難しいのではないか。とド素人打撃談議をブッテ見た。たぶん誤り
だろうが一面では真実を映しているとも思っている。


そして極端な数字も残っていて


デーゲーム 打率.361 本塁打9 打点26
ナイター 打率.167 本塁打3 打点8


ホーム 打率.264 本塁打2 打点7
ビジター 打率.256 本塁打10 打点25


こんな数字もありますのでね、まだまだ筒香全開という太鼓判を押すのは早計かと
思っております。逆に2016年の成績がフロックだったかも知れませんし。


(了)