マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.5.29 DB × E (1回戦:横浜)

横浜DeNA × 東北楽天(1回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)ウィーランド (E)古川
スコア:DB 9-2 E


(責任投手)
勝:ウィーランド(2勝2敗)
敗:古川(0勝1敗)
S:


(バッテリー)
E:古川、高梨、青山、池田ー嶋、細川
DB:ウィーランド、エスコバー、三上、山﨑ー髙城


(本塁打)
E:
DB: 梶谷6号③(8回:池田)


(スターティングメンバー)


  【 Eagles 】         【 BayStars 】
(遊)茂木      (中)梶谷
(二)藤田      (右)ソト
(一)銀次      (一)ロペス
(右)ペゲーロ    (左)筒香
(三)ウィーラー   (三)宮﨑
(左)岡島      (二)倉本
(中)田中      (捕)髙城
(捕)嶋       (投)ウィーランド
(投)古川      (遊)大和



3回裏、一死三塁で先制の中犠飛を放つ大和。
※画像は2018.5.29付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

1-1の同点で迎えた4回裏、DeNAはロペス、筒香の連続安打で築いた一三塁の好機に、
宮﨑の適時二塁打、髙城の左犠飛で2点を勝ち越し。8回表に楽天・田中(和)の中前
適時打で1点差まで詰め寄られるものの、その裏の攻撃において、梶谷の3点本塁打など
一挙6点を奪い圧勝。DeNA先発のウィーランドは、再三ピンチを招きながら要所を
締める投球、8回途中まで2失点に抑える好投で2勝目。楽天は序盤の好機を活かなか
ったことや、4番手投手・池田の乱調が尾を引いての敗戦。



ベイスターズ先発 ウィーランド 投手

※画像は2018.5.29付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。
7回2/3 119球 被安打8 奪三振9 与四球3 自責2


初回はストレート主体の投球で三者凡退という幸先の良いスタート。ストレートは
あまり走っていない感じでしたが、2回以降イニングを経るごとに、球速が増していき
ました。チェンジアップの比率は少なく、ナックルカーブは甘いボールが少なくなかった
ように思います。全体的に制球力はまずまず、ただ、セットポジションでの投球時に
安定感を欠いたきらいがあります。1回、6回、7回以外は得点圏にランナーを背負う
厳しい場面の連続。
3回表・一死一三塁でペゲーロを二ゴロ併殺、5回表・二死三塁でウィーラーを一飛に
抑えきって無得点に終えたのが大きかったと思いますね。
今日のウィーランドは、尻上がりに状態が良くなった感があり、6回はほぼ全てストレートでおしていって三者連続空振り三振、7回は一転してカーブを多用しながら三者凡退に
打ち取り、8回までは投げ切ってくれるかと期待しましたけど、8回は代打の今江に、
あわや同点弾かと思われるようなレフトフェンス直撃の安打を打たれて降板。
直前の打者、ウィーラーは左飛に抑えましたが、甘いストレートでしたし、ここらあたり
が限界だったでしょう。しかし119球を要しながら、8回の二死まで2失点に抑える
投球は大いに評価できると思います。


(了)