無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

2018.5.31 DB × E (2回戦:横浜)

横浜DeNA × 東北楽天(2回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)東 (E)岸
スコア:DB 4x-3 E (延長10回)


(責任投手)
勝:山﨑(1勝1敗11S)
敗:松井(裕)(0勝4敗2S)
S:


(バッテリー)
E:岸、松井ー嶋
DB:東、三上、エスコバー、山﨑ー髙城


(本塁打)
E:ペゲーロ13号(4回:東) 田中3号(8回:東)
DB: 宮﨑9号②(6回:岸) 筒香13号(9回:岸)


(スターティングメンバー)


  【 Eagles 】        【 BayStars 】
(遊)茂木      (右)梶谷
(二)藤田      (中)神里
(中)田中      (三)宮﨑
(一)今江      (左)筒香
(右)ペゲーロ    (一)ソト
(三)内田      (二)柴田
(左)岡島      (捕)髙城
(捕)嶋       (投)東
(投)岸       (遊)大和



延長10回 山下サヨナラ打で快心の勝利

※画像は2018.5.31付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


6回に岸から逆転2点本塁打を放つ宮﨑
※画像は2018.5.31付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

楽天は4回、ペゲーロの場外弾で先制。一方、楽天先発・岸を打ちあぐねていたDeNA
は6回二死から神里の安打と宮﨑の2点本塁打で逆転。リードを許した楽天は7回に
岡島の適時打で同点に追いつき、8回には田中(和)のソロ本塁打で勝ち越し。
しかし、岸は完投目前の9回二死から筒香に同点本塁打を浴びて土壇場で試合は振り出しに。延長10回裏のDeNAは、またもや二死からの得点劇を演じ、代打・桑原の二塁打を
足がかりに、守備から途中出場、ファームから昇格したばかりの山下幸輝が「値千金」
となるサヨナラ安打を放って熱戦に終止符を打った。DeNA先発の東は、打球が足に
当たるアクシデントに見舞われながら8回途中まで3失点の力投。



試合の感想

今のところ今季最高のゲームだったと思います。サヨナラ安打を放った山下幸輝選手
については、号外(前記事)で記した通りです。両軍とも両先発の数少ない失投を
確実に捉えた末の得点でした。



ベイスターズ先発 東 克樹 投手

7回1/3 98球 被安打8 被本塁打2 奪三振7 与四球0 自責3
※画像は2018.5.31付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


5回表と6回表に、それぞれ嶋と茂木の打球が足に当たってしまうアクシデントに
見舞われながら、8回途中まで3失点の力投。無四球でしたし、イーグルスの岸を
相手に堂々の投球。しっかりとゲームはつくりましたので内容のある投球だった
と思います。


初回はいきなり先頭の茂木に初球ストレートを二塁打されましたが、やや不安視
された立ち上がりから、ストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップと
いずれの球種も状態が良かったので、なんとか初回を無失点に抑えることが
出来ました。二死三塁から今江を二ゴロに打ち取ったチェンジアップがいいボール
でしたけど、東が立ち上がりに点を奪われる際は、そのチェンジアップがスライダー
気味に入って甘くなるケースなので、その前兆が見られなかった事で以降の投球も
安定して相手打線を抑えてくれるだろうと確信できました。


4回のペゲーロの場外本塁打は、スライダーが真ん中高め、8回の田中の本塁打は
初球、148kmのストレートが真ん中高めに行って打たれてしまいました。数少ない
失投を逃さずに打たれた結果なのでこれは仕方がないですね。


7回表は、同点に追いつかれてしまったマウンドですが、ペゲーロが二塁内野安打、
内田・空振り三振のあと、岡島の初球、バントの構えだったのでウェスト気味の
投球。それを捕手の髙城が態勢をやや崩した形で捕球、一塁ランナーのペゲーロに
ディレイド気味の盗塁を許し、二進させたのが痛かったです。



ベイスターズ2番手 三上 朋也 投手

8回表 一死無走者から登板
今江に遊内安打を許し(代走:島井)ペゲーロの時に島井は二盗(送球エラーで三進)
一死三塁で、ペゲーロ、代打・銀次、岡島と三上が左打者を立て続けに迎える状況は、
とてもじゃないが、点をやらずにイニングを終わらせることは想像できませんでした。
しかし、ペゲーロを二ゴロ、銀次は四球だったものの、岡島を空三振に仕留めて追加点を
許さなかったのは、試合展開を考えても非常に大きいことでした。
岡島に対する最後のボール、外角低めの151kmストレートは見事でしたが、ただ3球目に
投げた外からのスライダーがかなり甘い球だったので、ヒヤリとはしましたね。



ソト 4打数0安打 4つの三振

ここまで打撃好調だったソトですが、相手が岸とはいえ4つの三振。外角低めの
ボール球に手を出して空振りするシーンが目立ちました。ウィークポイントは
ここでしょうか。そのゾーンを無理に打とうとして、上体が突っ込んでくるように
なると、長期不振の原因ともなりかねないので要注意。ロペスが故障したことも
あってソトがある程度打ってくれないと、打線が機能しなくなるので心配です。


筒香 9回二死から「起死回生」同点弾!

※画像は2018.5.31付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


土壇場も土壇場、9回二死からの同点弾!
ボールカウント3-1から、岸は外角へ落とすチェンジアップを投げようとしたが、
逆球になってインコースのひざ元へ。筒香のホームランゾーンに行ってしまいました。
打った筒香も素晴らしいですが、完投目前の岸も、絶対に投げてはいけない場面での
失投。悔やんでも悔やみきれないでしょうがこれが「野球」ですね。最後の最後まで
分かりません。
9回裏ベイスターズの攻撃は、まず先頭の神里が見逃し三振に倒れるも、ファールなどで
11球粘る気迫を見せましたし、勝負を諦めない姿勢が見て取れて、それが伝播して
筒香の同点アーチに直結したかも知れません。


筒香は4回にも、岸のインハイのストレートを詰まりながらも、ライトフェンス直撃の
二塁打を打ちました。インコース高めのストレートに長打が出始めると、筒香の状態も
上向き加減かも知れないので、今後の打席結果を楽しみにしたいと思います。


(了)