マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.6.3 H × DB (3回戦:ヤフオクD)

福岡ソフトバンク × 横浜DeNA(3回戦) 福岡 ヤフオク!ドーム 13:00
先発:(H)武田 (DB)石田
スコア:H 7-5 DB


(責任投手)
勝:岡本(1勝0敗)
敗:石田(1勝5敗)
S:森(0勝2敗12S)


(バッテリー)
DB:石田、国吉、三嶋、三上ー嶺井
H:武田、岡本、モイネロ、二保、嘉弥真、加治屋、森ー髙谷、甲斐


(本塁打)
DB:筒香15号②(1回:武田)柴田2号(4回:武田)神里3号②(4回:武田)
H:松田11号(3回:石田)12号(7回:三上) 上林6号②(3回:石田)


(スターティングメンバー)


  【 BayStars 】      【 Hawks 】
(中)神里      (二)川島
(右)楠本      (一)中村(晃)
(三)宮﨑      (三)松田
(左)筒香      (中)柳田
(指)ロペス     (指)デスパイネ
(一)佐野      (右)上林
(捕)嶺井      (左)塚田
(遊)柴田      (捕)髙谷
(二)山下      (遊)西田


(投)石田      (投)武田



1回表 筒香 先制の15号2ラン
※画像は2018.6.3付 日刊スポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

DeNAは初回、筒香の2点本塁打で先制。しかし、その裏の攻撃でソフトバンクは、デスパイネと上林の連続適時打で同点。以降、2回には西田の適時打、3回には上林の2点本塁打で突き放し、両軍合わせて23安打、6本塁打が飛び交う乱戦を、7名の投手リレーを
もって制した。ソフトバンクは交流戦負けなしの6連勝。DeNAは4回に柴田のソロ本塁打、神里の2点本塁打で追い縋ったが反撃はそこまで。先発・石田の不調が大きく響いての敗戦で、今季2度目の同一カード3連敗。



ホークス「ジグザグ打線」横浜「必殺バットマン打線」

ウチは左打者汎用テーマ(神里、楠本、佐野、山下)祭りか・・・。
4選手とも安打を打ちましたから良いですが。神里は追撃の2ラン、楠本、山下は
マルチ安打を記録。 スタメン起用された若手野手の躍動は素直にうれしいですが、
やはり先発の石田がねー、早々と試合をぶち壊してしまいましたので、いただけ
ませんね。プロ野球の試合なんてのは、だいたい投手の状態の良し悪しで8割方
決まる(というのが持論)なので、今日もその点に絞って2点だけ振り返ります。
まずは石田から。



ベイスターズ先発 石田 健大 投手


2回1/3 57球 被安打7 被本塁打2 奪三振3 与四球2 自責6


おととい先発した今永もそうなんですが、今日の石田に関しても、左打者のインコースを
攻め込むボールを持っていないと、左打者を抑えるのはいかにも苦しい。どうしても
外角一辺倒になってしまうので、その辺のスライダーやストレートが甘くなると安打を
打たれる確率は必然的に高まります。それが如実に表れた今回の投球。


ストレートのMAXは145。それも初回の川島と中村(晃)の打席で計時したのみ。
あとは140kmかそれに満たないストレートがほとんど。今日の球審(山路氏)は、
両サイドを広めにストライクゾーンを取っていたので、左打者の外角低め、多少
ボールくさいところへ投げても、ストライクになったと思うんですけどね。
ただ、そこへ続けて投げる制球力がなかったのが痛打を浴びる要因ともなりました。
初回の松田、2回の塚田を空振り三振に仕留めたフォークボールはいい感じで
落ちてましたが、良かったボールはそれくらい。


2回裏は、先頭の塚田を空振り三振にしたあとで、次打者・髙谷のなんでもない
中飛を、センター守っていた神里が目測誤って二塁打にしてしまった不運もあり
ましたけど、その髙谷に対する投球もスライダーが甘かったので、失点を重ねて
いくのは時間の問題だったと思います。


3回の松田の本塁打は初球、136kmチェンジアップかスライダー、外角やや高めの
ゾーン、打たれてもしょうがないボール。柳田・二ゴロの後、デスパ四球。
ここで迎えた上林の時に、初球、何も考えていないように、真ん中の半速球137km
(球種不明)を投げたのは迂闊過ぎましたね。2点本塁打打たれました。


ということで石田投手、「いいところなし」の先発登板でした。要再調整。
今永もファームに降りていないので、今週末のファイターズ戦先発させるつもり
でしょうが、通用するとは思えません。石田も同様です。



ベイスターズ2番手 国吉 佑樹 投手

2回2/3 45球 被安打1 被本塁打0 奪三振3 与四球1 自責0


ボロ負けムードを一蹴する価値ある中継ぎ登板でした。
4回裏、松田を見逃し三振にした151kmストレート、柳田を空振り三振に仕留めた
154kmストレートはNiceボール。圧巻の投球でした。
ストレートは150km超、カットボール、ツーシームがあるのでなかなか芯でとらえるのが難しい投手だと思います。課題の制球力もここ数試合は悪い兆候が見られないし、
いい状態を維持しています。パリーグの打者に通用する投球スタイルでしょうね。
その意味では、150km近いストレートと、スライダー、ツーシーム、フォークを持って
いる平田を、今度の横浜6連戦(対西武 対日本ハム)で先発させても面白いかなと。
あと可能であれば井納をもう一回先発に復帰させるとか。状態が芳しくなく、ストレートが速いわけでもない左腕投手を先発させるよりはよほどマシだと思うのですが。



ロペス抹消の報道

本塁打、打点でセ・リーグ2冠のDeNAのロペスが出場選手登録を外れることが決まった。右太もも裏の故障から4試合ぶりに「5番・指名打者」で先発復帰したが、五回に三ゴロ併殺を打った際に痛みが再発したという。七回の4打席目は代打を送られた。

 ラミレス監督は「少し時間を費やして、しっかり治してほしい」と説明し、ロペスは「早く治して戻ってきたい」と話した。

※2018.6.3付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


今日の試合、5番DHスタメン出場だったから、嫌な予感はしたんですけどね。
やはりそうなってしまいましたかと。
ロペスを欠くのはチームにとって大変な痛手なのは言うまでもないですが、怪我
ですからね。仕方がないです。しっかり直して出来る限り早く復帰してほしいと
願うばかり。



対ホークス3連戦の総括

2戦目は見てないから何とも言えませんが、バンデンハークから3点を取った。
今日の試合も武田の状態が良くない点をついて、5点を取った。
打つ方は結構点を取ってますが、投手がね。1戦目の今永と今日の石田が早々と
試合を崩したらどうしようもありません。2戦目はエスコバーが打たれてしまって
これは仕方がない。いつも万全に抑えろという方が酷な要求。


普段筆者はパリーグの試合を見る機会がないから詳しいことは知らんけど、
ホークスの中継ぎ陣、今年は五十嵐、岩嵜、サファテを故障で欠いても、それを
上回る要員がしっかりと穴を埋めて余りある活躍をしていると実感した次第。
去年、一軍での実績がほとんどなかった二保、加治屋がいい球投げてました。


あと筆者が記憶している限りでは、ベイスターズの福岡ドームでの戦績、
2016年交流戦3連敗、2017年日本シリーズ3敗、今年の交流戦3連敗。
3年越しで9連敗している?もっと過去に遡るとさらに負けているのか知りませんが、
もはや「鬼門」以外の何物でもないですね。


(了)