マルハ大洋スポーツ

                       
                       

2018.6.7 DB × L (2回戦:横浜)

横浜DeNA × 埼玉西武(2回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)京山 (L)十亀
スコア:DB 7-9 L 


(責任投手)
勝:十亀(4勝5敗)
敗:京山(4勝2敗)
S:増田(0勝2敗10S)


(バッテリー)
L:十亀、武隈、ワグナー、増田ー岡田
DB:京山、国吉、武藤、三上、パットンー嶺井、髙城


(本塁打)
L:栗山3号③(1回:京山)浅村12号(3回:京山)山川18号②(7回:武藤)
DB:ソト5号②(4回:十亀)ソト6号④(7回:武隈)


(スターティングメンバー)


 【 Lions 】            【 BayStars 】
(中)秋山      (中)桑原
(遊)源田      (右)神里
(二)浅村      (一)ソト
(一)山川      (左)筒香
(左)栗山      (三)宮﨑
(右)外崎      (二)山下
(三)中村      (捕)嶺井
(捕)岡田      (投)京山
(投)十亀      (遊)大和



試合の概況

西武は初回、栗山の先制3点本塁打を皮切りに、3本の本塁打、9得点をあげての
勝利で3連勝。DeNAはソトの2本の本塁打などで7点を奪うが、序盤からの失点が
響き5連敗を喫した。



試合の感想


まあ予想通りの展開ですね。先発の京山が甘い球を投げて、本塁打を打たれての
失点。中継ぎ登板の国吉、武藤はきのう雨で流れたとはいえ、登板過多気味で
パフォーマンス低下。これは先発がイニングを稼がない事の悪影響。他にやりようが
ない。得点は西武9点、横浜DeNA7点。試合中盤まで西武優勢で、横浜敗色濃厚も
終盤以降接戦になったと喜んではダメで、7回裏、二死一三塁の場面で、西武は
左腕の武隈を投入するが神里を四球、次打者は右打者で4回に2点本塁打を放っている
ソトを迎えた段階で、西武ベンチが状態の悪かった武隈を続投した采配は、完全に
ベイスターズをナメ切っているでしょう。いや、ソトの後は左の筒香だから、それも
踏まえての続投かも知れないが、その場合は武隈の状態が良好であるというのが
前提だろう。左投げは小石もいるわけだし、回も終盤、満塁のピンチであれば、
点差があろうと、普通は小刻みな継投策を取るのが筋ではないか。
ソトが打った満塁弾は、外角高めの真っ直ぐ、気持ちの入っていない棒球。
マウンドに上がった時から武隈の表情も調子が全然悪いという感じだったから、
打てて当然。
おそらく、パリーグの他チームと対戦していたら、武隈が四球を出した時点で、
今日昇格させた大石か平井を投入していたと思いますよ。そういう野球をさせて
しまった事に対して、ベイスターズ首脳陣は危機感を持った方が良い。
ラミレス監督も(敗戦も)「結果は変えられないが、力強い形で終えられた」と
言ってるようですけど、なんだかなあ。最終的に2点差の惜敗だが、相手の継投
失敗(というか完全に油断だ)で7点取れただけ。得点差以上に、双方の力量の差を
見せつけられたゲームに変わりありません。つまりまだまだベイスターズは弱い
のですよ。シーズン前、ベイスターズを優勝候補に挙げたスポーツ紙ならびに
一般紙運動部の記者は、キャンプから一体何を見てきたのだろうか。



ベイスターズ先発 京山 将弥 投手

4回 68球 被安打5 被本塁打2 奪三振3 与四球2 自責4


初回の立ち上がり、秋山を中飛、源田を遊ゴロに打ちとって簡単に2アウトにした
までは順調でしたけどね。まあ、秋山・源田・浅村で三凡は無理だな京山では。
浅村・四球 山川・左前安打で二死一二塁としたところで5番・栗山に甘いチェンジアップを投げてしまって先制を3ランを喫しました。
3回の浅村のソロ本塁打もカーブが甘く入って打たれました。
今日の投球を見た限り、カーブの割合を増やして見たり多少の工夫は見られたものの、
変化球が甘いところへ行く傾向は、過去の登板と変わらず。
変化球を内外角の厳しいところや低めに集めることが出来ないと、こういう結果に
なりますね。西武打線相手にさらに実感したことでしょう。それを踏まえて制球力に
磨きをかけていかないと、先発として大成できません。


ということで「徒労感」満載の西武線でしたね。まだ雨天中止分の予備日程が
あるのか。まあ勝手にやって。Abemaで中継あっても筆者は見ません。


(了)