マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.6.8 DB × F (1回戦:横浜)

横浜DeNA × 北海道日本ハム(1回戦) 横浜スタジアム 18:00

先発:(DB)東 (F)高梨
スコア:DB 5-2 F 


(責任投手)
勝:東(5勝2敗)
敗:高梨(4勝3敗)
S:


(バッテリー)
F:高梨、玉井、鍵谷ー清水、鶴岡
DB:東、エスコバー、パットン、山﨑ー髙城


(本塁打)
F:
DB:宮﨑11号②(4回:高梨) 佐野2号(8回:鍵谷)


(スターティングメンバー)


  【 Fighters 】       【 BayStars 】
(中)西川      (中)桑原
(右)大田      (右)神里
(三)レアード    (一)ソト
(一)中田      (左)筒香
(左)アルシア    (三)宮﨑
(二)横尾      (二)山下
(捕)清水      (捕)髙城
(遊)中島      (投)東
(投)高梨      (遊)大和



4回、逆転の2点本塁打を放つ宮﨑
※画像は2018.6.8付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

日本ハムは3回、レアードの適時打で先制。対するDeNAは4回に宮﨑の2点本塁打で
逆転、6回には二死二三塁から、代打・中川(大)の2点適時打、8回には代打・佐野の
ソロ本塁打で突き放しての勝利。連敗を5で止めた。先発の東は6回を投げ、三振9個を
奪う好投で5勝目。



代打・中川大志 貴重な追加点となる2点適時打!

※画像は2018.6.8付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。


誕生日を自らの打撃で祝う、見事な2点適時二塁打でした。
6回裏、二死二三塁という場面に代打で登場、初球を叩いて打球は3塁線を
破って行きました。喉から手が出るほど欲しかった追加点。
去年オフ、イーグルスを戦力外となり、地獄を見た男が再び大きな仕事を
成し遂げました。先週の山下幸輝のサヨナラ安打といい、今日の中川(大)の
適時二塁打といい、苦労してきた選手が「日の目を見る」活躍をするのは
本当にうれしい。横浜スタジアムにはドラマがある。だからベイスターズが
死ぬほど好きなんですよ筆者は。本当にNiceなタイムリーでした中川選手。
先日は、梶谷との入れ替えで一軍昇格しても、期待薄とかバカなことを記事で
書いて申し訳ない。深く反省する次第であります。



ベイスターズ先発 東 克樹 投手

6回 103球 被安打3 被本塁打0 奪三振9 与四球2 自責1


初回はやや気負いがあったのか、いきなり西川と大田泰示に四球を与えましたけど、
その後は落ち着いて、レアード、中田、アルシアを退けて無得点に。前カードの
西武線は初回先制を許して嫌な流れできていたので、まずは初回を「0」で切り抜け
たのは大きい。6回を投げて、初回と3回以外は全て三者凡退。
3回表、レアードの左前適時打は、0-2と追い込んでから、ストレート勝負を挑んで
やや甘いコースへ入って打たれました。ちょっと勿体ないというか慎重さを欠いた
投球。残念だった件はこれだけ。あとはストレートはいつも通り走っていたし、
スライダー、カーブ、チェンジアップのキレ、制球も申し分なし。
やはり150km前後の力のあるストレートを持っているのは大きいですね。
そして左打者のインコースをストレートで抉れるから、外角へのスライダーが
生きてくる。今日なんかも日本ハムのアルシアに対して、インコースを恐れずに
投げ込んで行きましたから、並のルーキーではないです。Niceピッチングでした。



レフト筒香の緩慢な守備

3回表、日本ハム・レアードの左前適時打の打球処理の件ですけどね。
二塁ランナーが西川だから、ホーム生還は確実だろうというんで、最初から諦めて
モタモタとした足取りで打球を処理した行為は、傍目にもよろしくありませんでした。
怠慢守備にしか見えなかった。もっと素早く打球に突っ込んで捕球して、バックホーム
するくらいの気概が欲しかったですね。この人、レフトの守備、そんなにヘタクソでは
ないし、足も体形ほど遅くないと思うので、守備でももうちょっと機敏な部分が
あっていいと思います。


(了)