マルハ大洋スポーツ

横浜DeNAベイスターズとレトロゲームの話題中心

                       
                       

2018.6.9 DB × F (2回戦:横浜)

横浜DeNA × 北海道日本ハム(2回戦) 横浜スタジアム 14:00
先発:(DB)濵口 (F)村田
スコア:DB 4-3 F 


(責任投手)
勝:エスコバー(2勝2敗)
敗:西村(1勝2敗1S)
S:山﨑(1勝1敗12S)


(バッテリー)
F:村田、公文、西村、石川(直)-鶴岡
DB:濵口、三嶋、エスコバー、パットン、山﨑ー髙城


(本塁打)
F:横尾5号(2回:濵口)近藤6号(6回:濵口)中田14号(6回:濵口)
DB:


(スターティングメンバー)


  【 Fighters 】       【 BayStars 】
(中)西川      (中)桑原
(右)大田      (右)神里
(左)近藤      (一)ソト
(一)中田      (左)筒香
(三)レアード    (三)宮﨑
(二)横尾      (二)山下
(捕)鶴岡      (捕)髙城
(遊)中島      (投)濵口
(投)村田      (遊)大和



本日、4打数4安打1打点の大活躍! 走塁面でもいい働きを見せた神里選手
※画像は2018.6.9付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。



試合の概況

同点で迎えた5回、DeNAは二死二三塁から筒香の二塁内野安打などで2点を勝ち越し。
6回に近藤、中田の連続ソロ本塁打で再び同点にされるも、7回に神里の適時二塁打が
飛び出し、これが決勝点。1点のリードをパットン、山崎の継投で逃げ切って2連勝。
神里は4打数4安打1打点の活躍。2番手三嶋ら中継ぎ陣の好救援も光った。
対する日本ハムは、5回、一死一三塁の好機で、西川、大田が連続三振を喫し無得点に
終わり、ゲームの主導権を握ることが出来なかった。



試合の感想

快心のゲームでした。日本ハム先発の村田投手を筆者は初めて映像で見たのですが、
カーブのようなスライダーとフォーク、カット、ツーシームを投げ分ける変化球
投手ですね。制球力はややアバウトで両サイドに適度に散らばる感じ。ストライクを
揃え過ぎない程度に散らばるので、打者としては的が絞り辛いのかなと言う印象。
今日は少し調子が悪かったのかも知れません。


3回裏のベイスターズは、濵口凡退の後、大和選手のライトへの2塁打が大きかった
ですね。大和の凡打傾向として、ライトへのフライが多いのですが、風にも乗ったか
いい当たりの打球でした。神里が安打でつないでソトの同点打に直結します。


それから、神里・4打数4安打の活躍も素晴らしかった。逆方向へしぶとく流すことも
出来るし、5回の右二塁打なんか、フェンス直撃の強い当たり。前回の西武戦でも十亀からもうちょっとでバックスクリーン直撃かという三塁打も打っているし、結構パワーも
ある。結果が出つつあるので、当面レギュラーで起用してほしいですね。1軍での打席数
を経験させることで、さらにいい打者になる可能性が高いです。ただ守備面で、飛球の
目測を誤るケースを度々見たので、次カードのマリーンズ戦、ZOZOマリンの外野守備が
やや不安。


あとは、日本ハムの投手で、2番手に投げた公文。2年前にジャイアンツ在籍時に
何度か見た記憶があるが、ファイターズ移籍後に見るのは今回が初めて。
体が一回り大きくなりましたね。そしてインステップで投げるフォームに変わっている。
変化球はスライダーとチェンジアップだと思うけど、ストレートが巨人時代よりも
速くなっていました。フォームもクセがあるし、かなり打ち辛そうですね。確か
何試合か連続で無失点を継続していたかと。去年も41試合登板、宮西とともに中継ぎ
左腕の両輪として活躍するのも頷ける今回の登板でした。


そして、ベイスターズ先発の濱口については別項で。



ベイスターズ先発 濵口 遥大 投手

※画像は2018.6.9付 サンケイスポーツWeb版より引用しました。
5回0/3 99球 被安打7 被本塁打3 奪三振8 与四球1 自責3


筆者が濱口の投球を見るのは、今季初先発となった5/12のヤクルト戦(横浜)以来。
その時に比したら全然良いのはいうまでもなく、先発登板を重ねる度に状態は
上がってきているのかなという印象。


篠原投手コーチは濵口を評して「ボールが多少暴れているが、試合の中で修正していく
こと。」と言ってましたけど、濵口のボールが暴れるのは特性だから仕方がないし、
それよりもストレートの球威や変化球のキレの程度が重要だと思うんですけど、その点は
可もなく不可もなくという感じでした。
逆に荒れ球傾向を修正しようとして、ストライクゾーンに揃えようという意識が仇になって、3本の被本塁打につながっていませんかね。
横尾にはチェンジアップ、近藤にはスライダー、中田にはカーブをそれぞれ本塁打され
ましたが、いずれも真ん中近辺の甘い球。


5回表、一死一三塁のピンチで、西川を見逃し三振に仕留めた147kmのストレート、
続いて大田泰示を空振り三振に仕留めた外角のチェンジアップは完璧な投球でした。


ということで、ここ数試合の先発登板で濵口はまずまずの投球を見せているので、
まだ未勝利とは言え、当面先発ローテーションを回してくれるものと期待したいと
思います。


(了)