無題(旧:マルハ大洋スポーツ)

                       
                       

2018.6.10 DB × F (3回戦:横浜)

横浜DeNA × 北海道日本ハム(3回戦) 横浜スタジアム 13:00

先発:(DB)今永 (F)加藤
スコア:DB 6-3 F ※5回降雨コールド 


(責任投手)
勝:今永(1勝3敗)
敗:加藤(3勝5敗)
S:


(バッテリー)
F:加藤、玉井ー黒羽根
DB:今永ー髙城


(本塁打)
F:近藤7号②(5回:今永)
DB:筒香16号③(3回:加藤) 神里4号②(5回:玉井)


(スターティングメンバー)


  【 Fighters 】       【 BayStars 】
(中)西川      (中)桑原
(右)大田      (右)神里
(左)近藤      (一)ソト
(一)中田      (左)筒香
(三)レアード    (三)宮﨑
(二)横尾      (二)田中(浩)
(捕)黒羽根     (捕)髙城
(遊)中島      (投)今永
(投)加藤      (遊)大和



試合の概況

初回に日本ハム・中田の左犠飛で先制を許したDeNAは2回、相手バッテリーの捕逸の
間に同点に追いつき、3回には筒香の3点本塁打で勝ち越し。5回に両軍の本塁打で
2点を取り合った段階をもって、悪天候のため降雨コールドゲーム。
DeNAは同一カード3連勝、交流戦の対戦成績を五分とした。先発の今永は5回3失点で
今季初勝利。



試合の感想

交流戦の楽しみと言ったら、普段は見る機会が限られるパリーグ投手の投球を目に
することですが、今回気になったのが、ファイターズ2番手の玉井投手。
玉井については、ストレートはMAX140程度で球威はさほど無く、スライダー、カーブ、フォーク、ツーシームといった変化球を両コーナーや低めに集めるのを身上とする投手
だと思われますが、パワーピッチャー隆盛のパリーグにおいて、玉井のような投球
スタイルが通用するのかという素朴な疑問。
あと今日は、ベイスターズに在籍していた黒羽根捕手がスタメン。久々に見ましたが
元気そうで何より。


ベイスターズの方では、筒香のレフト席への3点本塁打。日本ハム加藤の初球を
うまく捉えました。加藤もぬかるんだマウンドが影響したか、ストレートに本来の
力がなかったですね。インコースを狙った投球が逆球になって外角へ入りました。
1点差まで追い上げられた後の5回裏、神里の2点本塁打もレフト方向への打球。
逆方向へもいい当たりが出るようになりました。今後の成長が楽しみです。



ベイスターズ先発 今永 昇太 投手

※画像は横浜DeNAベイスターズ 公式HPより引用しました。
5回 94球 被安打6 被本塁打1 奪三振7 与四球2 自責2


初回はチェンジアップが全然決まらず、球数も30球近くまで嵩み、一体この先どう
なるのだろうと不安を持って見守りましたが、初回を苦慮しながらも中田の犠飛による
1点に抑えたのが大きかったですね。中田のあと、レアードに二塁打を打たれて、
日ハム打線につながれたら、一挙に大量失点という展開になりかねない。
ただレアードの後の6番・横尾が、今永のストレートに全くタイミングが合っておらず、
一塁ゴロで攻撃終了。後続を断ち切ったことで若干自信を取り戻した感じ。


2回以降も、ストレート、チェンジアップ中心の投球でしたが、チェンジアップの
制球が安定し出して、ストレートも回を追うごとに勢いが増して行きました。
5回表、近藤の2点本塁打は0-2と追い込んだ形から、真ん中高めのストレートを
投じて打たれました。これは完全な失投で勿体ない。しかしこの回はストレートの
走りが良好で、好調時の今永の投球を彷彿とさせるものがありました。
最後の打者、レアードを見逃し三振に仕留めた、外角低めの146kmストレートは、
本日のベストピッチでした。


前回、6月1日のホークス戦での先発登板が、あまりにも酷い投球内容だったため、
筆者は今日の先発も疑問視していましたが、その懸念を撥ね退ける投球となりました。
まだ「完全復活」と太鼓判を押すのは早計かも知れませんが、ひとまず悪天候の中、
5回を投げ切り今季初勝利を挙げ、ストレートに本来の力が戻りつつあることを
考えれば、今後の先発も楽しみになってきます。次回はバファローズ戦(京セラD)
2年前もいい投球をしている場所なので、好投を期待したいと思います。


(了)